ホーム > お知らせ > 学術フォーラム「立法システム改革と立法学の再編」(7月6日)のお知らせ

学術フォーラム「立法システム改革と立法学の再編」(7月6日)のお知らせ

■学術フォーラム「立法システム改革と立法学の再編」

・日時: 2014年7月6日(水) (日)13:00 - 17:00 (12:30受付開始)
・場所: 日本学術会議講堂
(地下鉄千代田線乃木坂駅5番出口に隣接。地図 http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html
・参加方法: 参加無料、事前申し込み不要
・主催: 日本学術会議 (実行担当:法学委員会「立法学分科会」)
・開催趣旨
55年体制崩壊後、現代日本の議会民主政は幾多の曲折を経つつ、政権交代により政治が大きく変動する時代を迎えている。それとともに、国論を分断するような重要な問題について矢継ぎ早に法改正が断行され、この傾向を助長する方向に日本の立法システムも変動しつつある。本フォーラムでは現代日本の議会民主政とその下での立法システムのこのような変動が孕む問題点を解明し、ありうべき改善方法を考案し、立法システム改革の指針を示しうる学への立法学の再編について協議する。

詳細は日本法哲学会からの情報サイトをご参照ください


●関連シリーズ
[立法学のフロンティア] 3巻同時刊行!(7月下旬予定)


このページのトップへ

関連書籍

立法学の哲学的再編

立法学の哲学的再編

より良き立法のための哲学的基盤を再構築。

著者:井上 達夫
 
立法システムの再構築

立法システムの再構築

立法の「質」と民主政のあり方を問い直す。

著者:西原 博史
 
 
立法実践の変革

立法実践の変革

活発化する法改正実践の「質」を問う。

著者:井田 良
松原 芳博
 
 

このページのトップへ