ホーム > お知らせ > 『京都を学ぶ 丹波編』連続セミナーのお知らせ

『京都を学ぶ 丹波編』連続セミナーのお知らせ

京都学研究会『京都を学ぶ 丹波編』の内容をわかりやすくお伝えする連続セミナーが、京都市左京区の歴彩館にて開催されています。

<第6回>

  1. 日時 平成30年10月26日(金曜)13時30分から15時 当日13時より受付
  2. 会場 京都府立京都学・歴彩館大ホール
  3. 講演 「撮影された丹波の田楽―紫宸殿(ししんでん)田楽の映像記録撮影と西田直二郎―」佛教大学 斉藤 利彦 氏

(講師プロフィール)専門は日本芸能史。著書に『近世堺と歌舞伎』(大阪公立大学共同出版会、2009年)、『近世上方歌舞伎と堺』(思文閣出版、2012年)ほか。

<第7回>

  1. 日時 平成30年11月6日(火曜)13時30分から15時 当日13時より受付
  2. 会場 京都府立京都学・歴彩館大ホール
  3. 講演 「美山の仏像たち―その魅力―」同志社大学 井上 一稔 氏

(講師プロフィール)専門は日本仏教美術史。著書に『日本の美術312 如意輪観音像・馬頭観音像』(至文堂、1992年)、『日本の古代山寺』〔共著〕(高志書院、2016年)ほか。 


詳しくは歴彩館イベント情報のページへ

http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/seminar_tanba.html

 

このページのトップへ

関連書籍

京都を学ぶ【丹波編】

京都を学ぶ【丹波編】

京都丹波の再発見。山里の歴史・文化を発掘

著者:京都学研究会
 
京都を学ぶ【洛北編】

京都を学ぶ【洛北編】

未だ京都に眠る「宝」(文化資源)を発掘!

著者:京都学研究会
 
 

このページのトップへ