ホーム > お知らせ > 『人と動物の関係を考える』書評掲載『しんぶん赤旗』2018年6月3日付

『人と動物の関係を考える』書評掲載『しんぶん赤旗』2018年6月3日付

『人と動物の関係を考える』の書評が、『しんぶん赤旗』2018年6月3日付に掲載されました。

「編者は日本人独特の"感性”を「仕切られた動物観」と定義したうえで、互いの思考と情報をつなぎ、共通の論点を探す多面的な努力が必要と説く。動物の生態研究や行動学、国内外の潮流や法規制の変遷を踏まえながら、各分野のウェルフェアレベルを探求していく本書に触れ、いかに己がさもしい"感性”に服していたかを痛感する。今改めて動物の犠牲に対する「当事者意識」という根源的問題が突きつけられている。」

評者は、藤崎童士さん(ノンフィクション作家)です。

このページのトップへ

関連書籍

人と動物の関係を考える

人と動物の関係を考える

動物への配慮のある社会を実現するために

著者:打越 綾子
 
日本の動物政策

日本の動物政策

ペットから畜産動物までをトータルに解説。

著者:打越 綾子
 
 

このページのトップへ