ホーム > お知らせ > 地域史シンポジウム「丹波の暮らしと蚕糸」のお知らせ

地域史シンポジウム「丹波の暮らしと蚕糸」のお知らせ

地域史シンポジウム「丹波の暮らしと蚕糸」

 京都府北部の綾部・福知山地域において地域の暮らしに密着してきた養蚕、製糸などをテーマに、シンポジウムが開催されます。 入場無料で、どなたでも参加できますので、是非会場までお越しください。

 

1 日時  

  2018年3月3日(土曜) 14時00分~16時00分

2 会場  

  市民交流プラザふくちやま(福知山市駅前町400)

  ※歴彩館での実施ではありませんので、ご注意ください

 

3 内容  

第一部 地域における活動の事例報告(3名)

 ●「蚕糸文化の活用と伝える活動について」  

   特定非営利活動法人綾部ベンチャー・ものづくりの会  若山 行正 氏

 【内容】綾部の近代を支えた蚕糸文化を地元において次世代に伝えるため、

      様々な団体と協力をした実践事例を報告         

 

 ●「丹波の生活衣」 

   福知山市丹波生活衣館 渡部 佳代子 氏

 【内容】かつて地域の暮らしに溶け込んでいた福知山の生活衣と

      その文化を現代に活用する活動を報告。          

 

 ●「地域の養蚕をどう教えたか」 

   福知山市立三和中学校 吉田(よしだ)武彦(たけひこ)氏

 【内容】かつて地域を支えた養蚕業をカイコ飼育の実践等により

      中学生に教えてきた事例を報告。          

 

第二部 ディスカッション

 コーディネーター:京都学・歴彩館 主査 若林正博 

 パネラー:第一部の報告者

 

4 定員  

  130名(入場無料)

5 申込方法  

  事前申込不要・当日受付・先着順 

6 問合せ先 

 京都府立京都学・歴彩館 資料課(075-723-4834) 

7 主催  

 京都府立京都学・歴彩館
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/sinnpo.html


 京都学・歴彩館では、下記の行事も催されます。是非ご参加ください。

このページのトップへ

関連書籍

京都を学ぶ【洛北編】

京都を学ぶ【洛北編】

未だ京都に眠る「宝」(文化資源)を発掘!

著者:京都学研究会
 
 

このページのトップへ