ホーム > お知らせ > 『昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者』立花隆氏紹介『文藝春秋』1月号

『昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者』立花隆氏紹介『文藝春秋』1月号

『昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者』『文藝春秋』2018年1月号にて立花隆氏に取り上げられています。本文冒頭の2ページにわたり紹介されています。ぜひお手に取ってごらんください。

「…西の『信』についての御進講は昭和天皇のお心を鼓舞していたのではないかと考えている」
 西博士の昭和十八年御進講の話などいま誰も知らないが、…著者がたまたま秋篠宮にお目にかかったときにこの話をすると、宮は驚くほど話の内容を知っていたという。天皇家の家伝の秘話としてこの話、実は皇族方に広く伝わっているのかもしれない。…(抜粋)

このページのトップへ

関連書籍

昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者

昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者

新史料を基に、歴史を動かした講義に迫る。

著者:山内 廣隆
 
 

このページのトップへ