ホーム > お知らせ > 水上啓吾『ソブリン危機の連鎖』がラテン・アメリカ政経学会研究奨励賞を受賞

水上啓吾『ソブリン危機の連鎖』がラテン・アメリカ政経学会研究奨励賞を受賞

水上啓吾 著『ソブリン危機の連鎖』がラテン・アメリカ政経学会研究奨励賞を受賞しました!

「本書は、グローバル化時代のブラジル(そしてラテンアメリカ)財政に関してわれわれの理解を大きく助ける研究成果であるだけでなく、おそらくは新興国経済や先進国をも射程に入れたグローバル時代の財政研究にとっても多くの示唆をもたらす一冊であるといえるだろう。 …」(http://www.js3la.jp/prize.html より)

ラテン・アメリカ政経学会のサイトはこちら

このページのトップへ

関連書籍

ソブリン危機の連鎖

ソブリン危機の連鎖

ブラジルはいかにして危機を克服したのか。

著者:水上 啓吾
 
 

このページのトップへ