ホーム > お知らせ > Hike/life/community ツアー(京都)@山食音 のお知らせ

Hike/life/community ツアー(京都)@山食音 のお知らせ

Hike/life/community ツアー 京都

日時: 2017年10月15日(日) 13:00 - 21:00
主催: 山と道 YAMATOMICHI U.L. HIKE & BACKPACKING
場所: 山食音

ポップアップショップ:13:00 - 17:00
ライブシルク:14:00 - 16:00
トーク:17:00 - 19:00
 *小社で山の本を多数書かれている草川啓三さんがトークゲストで登壇されます!
アフターパーティー(懇親会):10/15(日)19:00 - 21:00 (トーク終了後、別途会費にて開催します。)

ポップアップショップは予約不要です。
ライブシルクは先着順で整理券配布します。
トークとアフターパーティは予約制です。

トーク参加費:1,500円(1ドリンク付き)
出演:夏目彰(山と道)/豊嶋秀樹
ゲスト:草川啓三
定員:25名
会場:山食音
住所:〒602-0841京都府京都市上京区梶井町448-13 清和ビル 2F-A
ウェブ:https://www.facebook.com/yamashokuon
お問い合わせ:yama.shoku.on@gmail.com
予約:追加入場を受け付けています https://coubic.com/hikerds/261544
懇親会参加費:1,000円(別途キャッシュオンで1 drink注文制)

******************************

<<<イベントの詳細>>>

HIKE / LIFE / COMMUNITY ツアー 2017 <西日本編> 9/30 – 10/1
主催:山と道
共催:自然食コタン(http://themarket.co.jp/cotan/
プロジェクトディレクター:豊嶋秀樹

「ハイク」「ライフ」「コミュニティー」をつなぐプロジェクト、
「HIKE / LIFE / COMMUNITY」が始まります。
プロジェクトの第一歩として、みなさんと出会う旅に出ようと思います。

<メッセージ>
僕がハマったULハイクの魅力は、ハイクだけでなくライフそのものを洗練させて、より自由に軽やかに動けるようにする可能性があると思う。
そして、僕達のライフをより楽しいものにするためには、人と人との繋がりもまた重要です。
「ハイク」「ライフ」「コミュニティー」これがこれからの山と道の一つのテーマになります。
素晴らしい僕達の仲間、豊嶋秀樹さんをプロジェクトディレクターとして、「HIKE / LIFE / COMMUNITY」 は始動していきます。まずは、僕たちは僕たちの声と道具を持って全国をまわります。
全国のローカルを見て感じたい。全国のハイカーに会いたい。
それが僕達のスタートです。
------- 夏目彰・山と道

「コミュニティー」の存在しないところに人々の「ライフ(暮らしや営み、生活そして人生)」は活きてこないと思うし、「ライフ」のないところに「ハイク」なんてそもそも存在できない。
そんな切っても切れない「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティー」の関係を、バラバラなものとしてではなく循環的に捉え、より豊かな「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティー」の関係を築いていきたい。それは僕にとっても、みんなにとってもきっと良いことなんだと思います。
------- 豊嶋秀樹

<トーク>
夏目彰(山と道)と豊嶋秀樹がそれぞれの「ハイク」「ライフ」「コミュニティー」をテーマとするプレゼンテーションとクロストークを行います。そのほか、ゲストのトークや参加者にマイクを持っていただくオープンマイクなどで構成します。
ハイカーの交流の場を作ることで、このイベントをきっかけに緩やかなコミュニティーの形成を目指したいと思います。
ツアー型のイベントを開催することによって、今までに繋がっていなかったハイカーやコミュニティー同士を繋げていく「ミツバチ」のような役割を担っていきたいと思います。

<アフターパーティー(懇親会)>
参加者、関係者の交流の場として、トークの終了後にアフターパーティー(懇親会)を開催します。トークは一方的なものになりがちなので、アフターパーティーで直接お話しできたらと思います。同時に、参加者のみなさん同士の繋がりの場になればと思っています。ぜひご参加ください

<ポップアップショップ>
ウェブでの購入が主体の「山と道」のプロダクトを展示・販売するポップアップショップを開催します。
「山と道」のポップアップショップは、このツアーのハブとして機能し、ツアーを通じて「山と道」がメディアとなってハイクカルチャーを育てていく活動に繋げていきたいと考えています。

<ゲストプロフィール>
草川啓三(くさがわ けいぞう)
1948年 京都市に生まれる。 1968年 山登りを始める。 1975年 京都山の会に入会、現在に至る。 20歳の時、鈴鹿霊仙山へ登ったのがきっかけで登山を始める。 以後、滋賀、京都の山を中心に歩き続ける。 著書 『近江の山』(京都山の会出版局)、『近江の山を歩く』(ナカニシヤ出版)『鈴鹿の山を歩く』(ナカニシヤ出版)、『芦生の森を歩く』(青山舎)、『近江の峠』(青山舎)、『芦生の森案内』(青山舎)、『山で花と出会う』(青山舎)、『巨樹の誘惑』(青山舎)、『山と高原地図/御在所・霊仙・伊吹』(昭文社)、『近江湖西の山を歩く』(ナカニシヤ出版)、『芦生の森に会いにゆく』(青山舎)、『伊吹山案内』(ナカニシヤ出版)、『伊吹山自然観察ガイド』(山と渓谷社)共著、『極上の山歩き――関西からの山12ヶ月』(ナカニシヤ出版)



<プロフィール>
夏目彰(なつめ・あきら)
世界最軽量クラスの山道具を作る小さなアウトドアメーカー「山と道」を夫婦で営む。30代半ばまでアートや出版の世界で活動する傍ら、00年代から山とウルトラライト・ハイキングの世界に深く傾倒、2011年に「山と道」を始める。2016年には京都に「山食音」をPLANT Labと共同でオープン。2017年にはこのH/L/Cを始め、「山と道」ホームページもウェブメディア化するなど、さらなる拡大を図る予定。私生活では待望の第一子を授かりメロメロに。以前のように山に自由に行けなくなったことに多少の危機感を抱きつつも子育て奮闘中!

豊嶋秀樹(とよしま・ひでき)
作品制作、空間構成、キュレーション、イベント企画などジャンル横断的な表現活動を行う。現在はgm projectsのメンバーとして活動。山と道とは共同プロジェクトである「ハイクローグ」を制作している。九州の仲間と活動するハッピーハイカーズの発起人。
ハイクのほか、テレマークスキーやクライミングにも夢中になっている。ベジタリアンゆえ南インド料理にハマり、ミールスのお皿にするバナナの葉の栽培を趣味にしている。妻と二人で福岡在住(あまりいませんが)


詳細ページはこちらから(Facebook)
https://www.facebook.com/events/362303070865007/

このページのトップへ

関連書籍

森の巨人たち

森の巨人たち

山歩きで巨樹と出会う悦びと魅力を語る。

著者:草川 啓三
 
雪山を愉しむ

雪山を愉しむ

関西から日帰りできる実践的雪山登山ガイド

著者:草川 啓三
 
 
登る、比良山

登る、比良山

比良への登山道と峠道・谷道のすべてを紹介

著者:草川 啓三
 
琵琶湖の北に連なる山

琵琶湖の北に連なる山

歴史を揺がした戦国の武将対決の山々を巡る

著者:草川 啓三
 
 
極上の山歩き

極上の山歩き

達人が選んだランキング上位30山をガイド

著者:草川 啓三 文・写真
 
伊吹山案内

伊吹山案内

百名山に選ばれた伊吹山の全てを紹介

著者:草川 啓三
 
 
近江 湖西の山を歩く

近江 湖西の山を歩く

関西の奥座敷的な山域を写真と紀行文で案内

著者:草川 啓三
 
鈴鹿の山を歩く

鈴鹿の山を歩く

全80余山の横顔と案内,珠玉のコース紹介

著者:草川 啓三
 
 
近江の山を歩く

近江の山を歩く

地元の岳人がすすめる滋賀県の珠玉の山50

著者:草川 啓三
 
 

このページのトップへ