ホーム > お知らせ > 『情報体の哲学』書評掲載『図書新聞』6/17付

『情報体の哲学』書評掲載『図書新聞』6/17付

曽我 千亜紀『情報体の哲学』の書評が『図書新聞』6/17付に掲載されました。

評者は、大黒岳彦さん(明治大学教授)です。

「…著者は、最近完結した記念すべき訳業『デカルト全書簡集』(全8巻、知泉書館)の訳者陣にも名を連ねる新進気鋭のデカルト研究者である。著者は本書で哲学史的に甚だ評判の悪いデカルトの「身-心(ないし物-心)二元論」を救い、擁護する域を超え、デカルト研究の最新成果、デカルト思想の継承者(アラン、ベルグソン)さらにはメルロ=ポンティを援用しつつ、解釈=改釈を重ね「情報体」という概念に改鋳、結実させる。…」

 『図書新聞』のサイトはこちら(デジタル版も購入できます)

このページのトップへ

関連書籍

情報体の哲学

情報体の哲学

二元論が導く新概念を使い,情報社会を解明

著者:曽我 千亜紀
 
 

このページのトップへ