ホーム > お知らせ > 『お笑い芸人の言語学』書評掲載『日経新聞』5/27付 他

『お笑い芸人の言語学』書評掲載『日経新聞』5/27付 他

吉村誠『お笑い芸人の言語学』の書評が『日本経済新聞』5/27付に掲載されました。

「お笑いタレントの話が面白いのはなぜか。シンプルな主題に元テレビマンの著者が挑む。彼らが繰り出す「ことば」に焦点を当て、主戦場の放送番組でどのように表現が変遷したかをたどりながら特質を解き明かす。…独自の視点がさえる放送史だ。」

全文はこちらから(無料登録をすれば読めます)


また、こちらのサイトでも書評が掲載されています。

「テレビで今、お笑い芸人が隆盛を極めているのはなぜか。彼らのどこが面白いのか。元テレビプロデューサーの著者が彼らの話す言葉から読み解いた。そう書くと、業界人の体験エッセーのように聞こえるかもしれないが、本書は言葉を切り口に日本の近代化を問い直した硬派の論考だ。…」

評者は、片岡義博さんです。

このページのトップへ

関連書籍

お笑い芸人の言語学

お笑い芸人の言語学

たけし、さんま達が引き起こした言語革命。

著者:吉村 誠
 
 

このページのトップへ