ホーム > お知らせ > 『社会運動と若者』刊行記念トークイベント「社会運動とサブカルチャー」のお知らせ

『社会運動と若者』刊行記念トークイベント「社会運動とサブカルチャー」のお知らせ

『社会運動と若者』の著者である、富永京子さんが登壇されるトークイベントが下記のとおり催されます。

画像をクリックするとPDFで開きます


2014年以降、20代の学生を中心とした特定秘密保護法に対する反対運動や安保法制反対デモが盛り上がりました。若者による社会運動は、これまで「社会運動」「市民運動」と呼ばれてきた活動とは一線を画した音楽やデザイン、ファッションといったサブカルチャーの面でも注目を集めた点は記憶に新しいのではないでしょうか。そこでこの度は、富永京子による新刊『社会運動と若者――日常と出来事を往還する政治』(ナカニシヤ出版)を題材とし、「若者の社会運動とサブカルチャー」をテーマにトークイベントを開催いたします。

最近も、最低賃金1500円を目指す労働運動や子育て世代の運動が見られ、若年層による政治参加は様々な形で行われています。若者の社会運動とその文化は現代社会において何を示唆し、どのような社会変動を映し出しているのでしょうか? 若者をめぐる「居場所」や「情報化社会」といったキーワードを軸に、社会学者・鈴木謙介氏(関西学院大学准教授)と阿部真大氏(甲南大学准教授)との対話から、現代社会と社会運動の関係について考えます。

ジュンク堂書店大阪本店3階喫茶コーナー
2017年06月19日(月)19:00~21:00
入場料500円(当日会場にて現金でのご精算となります)
定員30名様

入場には整理券が必要となります。
整理券は、大阪本店3階お会計カウンターにてお渡ししております。
電話でのご予約も承っております。06-4799-1090

当日、登壇者の著作をお持ちならば、トークイベント終了後にサインも頂けます。

このページのトップへ

関連書籍

社会運動と若者

社会運動と若者

2011年以後の運動の「担い手」に迫る

著者:富永 京子
 
 

このページのトップへ