ホーム > お知らせ >  『宇宙倫理学入門』の書評が『図書新聞』4/22付に掲載されました

『宇宙倫理学入門』の書評が『図書新聞』4/22付に掲載されました

稲葉 振一郎 『宇宙倫理学入門』 の書評が『図書新聞』4/22付に掲載されました。

評者は、杉本俊介さん(大阪経済大学経営学部講師)です。

「…以上のように、ミドルレンジに絞った本書の議論は、近すぎる現在の議論や遠すぎる未来の議論に比べ、リベラリズムから「可能性の空間」がイメージできる部分だけで展開された"ちょうどよい”議論になっている。この種の議論でさえ細かく検討すればするほどお決まりのものになりがちである。そうなっていないのは著者が時々裏を返して問い直してくれるおかげである。最終章ではリベラリズムまで裏を返して問い直そうとする。この著者独特の思考様式が本書の隠れた魅力になっている。…」

 

 『図書新聞』のサイトはこちら(デジタル版も購入できます)

 

このページのトップへ

関連書籍

宇宙倫理学入門

宇宙倫理学入門

宇宙開発が哲学にもたらすインパクトは何か

著者:稲葉 振一郎
 
 

このページのトップへ