ホーム > お知らせ > 『旅行のモダニズム』の書評が『図書新聞』4/1付に掲載されました

『旅行のモダニズム』の書評が『図書新聞』4/1付に掲載されました

赤井 正二 『旅行のモダニズム』 の書評が『図書新聞』2017年4月1日付 に掲載されました。

評者は、真銅正宏さん(追手門学院大学教授)です。

「…本書の最大の特徴は、ジンメルの社会学を元にしたモダニズム論と、著者には失礼ながら鉄道ファンから出発したかのような細微にわたる旅行分析とが、ダイナミックに結びつけられている点にあろう。そしてこのマクロとミクロの大胆な視点交差が、旅行を全的に扱うことを可能にしているものと考えられる。各章が扱う対象は、登山ブームや絵に描かれた都会美、旅行ガイドブックや旅行雑誌、旅行論や文学散歩など、それぞれ独立度の高い論点ではあるが、明治から昭和初期に至る時代の日本のモダニズムの性格が、これらを一本に結びつける。…

『図書新聞』のサイトはこちら

このページのトップへ

関連書籍

旅行のモダニズム

旅行のモダニズム

旅行を大衆文化へと発展させた原動力を活写

著者:赤井 正二
 
 

このページのトップへ