ホーム > お知らせ > 『京の筏』が『毎日新聞』で紹介されました

『京の筏』が『毎日新聞』で紹介されました

『京の筏-コモンズとしての保津川』が『毎日新聞』で紹介されました。

「保津川は今日の都をつくった川である」――。冒頭の一文が、同書の主題である。現代の私たちが「激流を豪快に下る観光遊船」を思い浮かべる川が、いかに京都の暮らしと密接に関わってきたかを、「筏」というキーワードで解き明かしている。…

評者は、榊原雅晴記者です。

このページのトップへ

関連書籍

京の筏

京の筏

川の流れが山とまちを結び、人と人をつなぐ

 
 

このページのトップへ