ホーム > お知らせ > 『最強の社会調査入門』書評掲載『図書新聞』12/10付

『最強の社会調査入門』書評掲載『図書新聞』12/10付

『最強の社会調査入門』の書評が『図書新聞』12/10付に掲載されました。


評者は、筒井淳也氏(立命館大学教授)です。

「…異質な世界に踏み出すことが非日常的な経験であるがゆえに、そこには経験した人しかわからない「技法」が数多く存在する。本書は、この点の技法の説明が実にわかりやすい。たとえば4章で触れられている「キーパーソンをみつける」という方針は、初学者にとってみれば思いつきそうで思いつかない技法だろう。当事者であり調査者でもあるという独特の経験をどう活かすかという視点(6章)も、日常生活の経験からはなかなか得られないものだ。/そういった技法をいくつか紹介するにあたって、このテキストはきわめて初学者フレンドリーである。難しい調査用語に回収することなく、リアルな経験に照らして親切に解説されている。…」

 

『図書新聞』のサイトはこちら(デジタル版も購入できます)

このページのトップへ

関連書籍

最強の社会調査入門

最強の社会調査入門

面白くてマネしたくなる社会調査の極意。

 
 

このページのトップへ