ホーム > お知らせ > Malik BOZZO-REY氏セミナーのご案内

Malik BOZZO-REY氏セミナーのご案内

【終了しました】

‘Indirect Legislation: Unveiling Bentham’s Silent Regulatory Revolution’

「間接立法―ベンサムの静かな規制革命」

日時: 12月14日(水)17:00~19:00
場所: 同志社大学光塩館1F 第1共同研究室
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html?koenkan_building#campusmap

報告: Malik BOZZO-REY氏(リール・カトリック大学)
コメント: 高島和哉氏(明治大学)

Malik BOZZO-REY氏は、本年7月にフランスで開催された第14回国際功利主義学会で、大会責任者を務められました。ロンドン大学ベンサム・プロジェクトの名誉研究員であるとともに、パリのCentre Bentham、French Nudge Projectの創設メンバーでもあります。今回のセミナーでは、ナッジ論の先駆者としてベンサムを捉える興味深いお話をしていただけるようです。BOZZO-REY氏のプロフィールの詳細、ご業績につきましては、下記のリンクをご参照下さい。
http://frenchnudgeproject.fr/team_members/malik-bozzo-rey/?lang=en

コメンテーターをお務めいただく高島和哉氏は、言語論の観点からベンサムを研究されている気鋭のベンサム研究者です。「功利性と言語―ベンサムの功利主義思想研究」で博士(学術)[早稲田大学]を取得されました。

共催:
科研費基盤研究(B)「幸福、存続、ウェル‐ビーイングの思想基盤:功利主義の射程と得失をめぐる国際的研究」研究代表: 深貝保則氏(横浜国立大学)
科研費若手研究(B)「ベンサムの国際法論と国際秩序構想の政治思想史的研究」研究代表: 小畑俊太郎氏(甲南大学)

後援:日本功利主義学会(JSUS)準備委員会

※言語は英語で開催致します。当日は、ペーパーを配布する予定です。

※事前のお申し込みは必要ありませんが、懇親会にご出席の場合のみ、以下にメールにてご連絡下さい(12月12日必着)。
mkaino[at]mail.doshisha.ac.jp(同志社大学・戒能通弘)[at]を半角の@修正してご利用下さい。

このページのトップへ

関連書籍

ジェレミー・ベンサムの挑戦

ジェレミー・ベンサムの挑戦

幸福の計算を試みた功利主義の原点に迫る

 
 

このページのトップへ