ホーム > お知らせ > 『歴史としての社会主義』が『日本経済新聞』9/25付に紹介されました

『歴史としての社会主義』が『日本経済新聞』9/25付に紹介されました

『歴史としての社会主義』が『日本経済新聞』9/25付に紹介されました。

「…消え去った研究対象への哀惜の念が行間から読み取れる論考もある。特に東ドイツにおける高齢者と社会の関係の分析には執筆者の心情がシンクロしている感がある。そのほか、農村の社会構造や当時の音楽文化の解説など幅広いテーマが取り上げられている。」

このページのトップへ

関連書籍

歴史としての社会主義

歴史としての社会主義

東ドイツの日常生活から社会主義を考える。

著者:川越 修 編著
河合 信晴 編著
 
 

このページのトップへ