ホーム > お知らせ > 『宗教の社会貢献を問い直す』書評掲載(『図書新聞』8/29号)

『宗教の社会貢献を問い直す』書評掲載(『図書新聞』8/29号)

『宗教の社会貢献を問い直す』の書評が『図書新聞』(2015年8月29日号)に掲載されました。

評者は、渡邊 太さん(大阪国際大学講師)です。

「…本書の方法論はオーソドックスだが、そのぶん手堅い。地道なフィールドワークによる観察データの蓄積と、二変数の交差によるシンプルな類型化の組み合わせは、派手さはなくとも堅実で安定した知見を提供する。質的データの細部の面白さもあるが、議論としては一般化を志向している。その点で、著者も編者に加わる『釜ヶ崎のススメ』(洛北出版、2011年)とは(あつかわれる事例が部分的に重なるものの)印象が異なるところも興味深い。釜ヶ崎という地域に興味をもつ読者は一読されたい。…」

 

『図書新聞』のサイトはこちら(デジタル版も購入できます)

このページのトップへ

関連書籍

宗教の社会貢献を問い直す

宗教の社会貢献を問い直す

社会運動における宗教の役割を問う。

著者:白波瀬 達也
 
 

このページのトップへ