ホーム > お知らせ > 『宗教の社会貢献を問い直す』著者、白波瀬達也さんへのインタビュー掲載『読売新聞』

『宗教の社会貢献を問い直す』著者、白波瀬達也さんへのインタビュー掲載『読売新聞』

『宗教の社会貢献を問い直す』の著者、白波瀬 達也さんへのインタビューが、『読売新聞』(7/6付夕刊)に掲載されました。

 ……白波瀬准教授は、これまで見たFRO(Faith-Related Organization=宗教と結びつきのある組織)の中に、新しい宗教組織の在り方があると考えている。「宗教に対するアレルギーが比較的強い日本では、社会活動を行うための組織を教会や寺に併設させるのが効果的。そうすることで組織や個人との協働が進み、宗教に対する信頼が高まりやすい」

日本で暮らす移民たちの信仰にも注目している。「多文化共生が叫ばれているが、宗教抜きで進んでいる。移民の信仰をどういうふうに尊重しながら地域で共存していくのか。これから大きな課題になると思う」と話している。 

 

このページのトップへ

関連書籍

宗教の社会貢献を問い直す

宗教の社会貢献を問い直す

社会運動における宗教の役割を問う。

著者:白波瀬 達也
 
 

このページのトップへ