ホーム > お知らせ > 『動物と出会うⅠ・Ⅱ』が『京都新聞』で紹介されました

『動物と出会うⅠ・Ⅱ』が『京都新聞』で紹介されました

『動物と出会う Ⅰ 出会いの相互行為』『動物と出会う Ⅱ 心と社会の生成』木村 大治 編)が、『京都新聞』(6/21付)に掲載されました。

「…Ⅰでは、狩猟と挨拶をテーマに動物と動物、動物と人間、人間同士の出会いと相互作用を考えている。Ⅱでは、動物と人間を同じ地平で見ながら心と社会の生成を探っている。木村教授は、社会の本姓に迫るためには「『人間中心主義』を脱却し」、社会の生成するあらゆる場で考える必要性を指摘している。」

 

また、同時に刊行された『世界の手触り―フィールド哲学入門―』佐藤 知久比嘉 夏子梶丸 岳 編)も、『京都新聞』(5/24付)で紹介されています。

「…菅原氏は、南部アフリカに暮らすグイ・ブッシュマンの研究を30年以上続ける人類学者で、フィールドワークの中で思索する「フィールド哲学」の実践者でもある。本書では、作家の池澤夏樹氏、哲学者の鷲田清一氏との対談をはじめ、佐藤知久・京都文教大准教授ら指導を受けた研究者らによるフィールド哲学やコミュニケーション論、身体、人類学などに関する11本の論文を掲載。菅原氏の業績と影響が幅広い分野に及んでいることが分かる。」

このページのトップへ

関連書籍

動物と出会うⅠ

動物と出会うⅠ

「狩る」か? 「挨拶する」か?

著者:木村 大治
 
動物と出会うⅡ

動物と出会うⅡ

「心」とは何か? 「社会」とは何か?

著者:木村 大治
 
 
世界の手触り

世界の手触り

菅原和孝と池澤夏樹、鷲田清一との対談収録

 
 

このページのトップへ