ホーム > お知らせ > 日本音楽学会西日本支部 第26回例会

日本音楽学会西日本支部 第26回例会

日本音楽学会西日本支部 第26回例会において、『音響メディア史』の著者の一人である谷口文和さんが話題提供者として登壇されます。

日  時
 : 2015年6月20日(土)14:00-17:00 ※博物館見学希望者の方は11:50に大学正門にお集まりください
会  場 : 大阪大学 豊中キャンパス 文法経講義棟 文13教室
アクセス : 阪急石橋駅より東へ徒歩約20分。詳細は下記のリンクをご参照ください。
地  図 : http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html
内  容 : 博士論文発表、話題提供

話題提供
谷口 文和(京都精華大学)
音楽学にとっての音響メディア研究

報告者が共著者となって5月に刊行した『音響メディア史』では、さまざまな音楽文化や音楽表現についても、レコードやラジオなどのメディアを介した音の経験という観点から取り上げている。こんにちでは、音楽に接する経験の大部分において音響メディアは無くてはならないものとなっている。しかし一方で、音響メディアにもとづく音楽のあり方に着目した音楽学的研究は、いまだ充分に根付いているとは言いがたい。  ここでは、音響メディアに関心を向けることが音楽学にとってどのような意義を持つのか、どのような研究アプローチがあり得るかについて、現在の研究動向にも触れながら改めて検討する。これを一つの問題提起として、フロアからの活発な議論を求めたい。


詳しくはこちら。

このページのトップへ

関連書籍

音響メディア史

音響メディア史

音の技術と音の文化が交差する

 
 

このページのトップへ