ホーム > お知らせ > 『京都 神社と寺院の森』が『京都新聞』で紹介されました

『京都 神社と寺院の森』が『京都新聞』で紹介されました

『京都 神社と寺院の森』の著者、渡辺弘之京都大学名誉教授へのインタビューが、『京都新聞』(6/10付)に掲載されました。

 

社寺林を知って

…都市化や環境変化が進む中、これらの森は動植物が逃げ込む最後の場所になっているといい、「身近にあり、自然と歴史、文化が一体になった森について、あらためて知ってほしい」と話す。

 


「動植物にとって貴重」

…渡辺さんによると、「社叢(しゃそう)」と呼ばれる神社の森などは、境内と周辺の景観を形成するほか、騒音、大気汚染防止や防災に貢献している。貴重な動植物の生息・分布地にもなっており、重要な機能を果たす森を見直してもらおうと出版した。

このページのトップへ

関連書籍

京都 神社と寺院の森

京都 神社と寺院の森

市内約200社寺の森と貴重な樹木を紹介

著者:渡辺 弘之
 
 

このページのトップへ