ホーム > お知らせ > 「音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える」

「音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える」

『音響メディア史』の著者のひとり、谷口文和さんが登壇するシンポジウムが下記の通り予定されています。

フライヤー 音楽ファイルの90年代

 

日時: 平成27年4月19日(日) 13:00-19:00
場所: 東京藝術大学 千住キャンパス 3F スタジオA (東京都足立区千住1-25-1)

入場無料 (座席数に限りがありますので立ち見になる場合があります。

 

〈第一部:トークセッション〉 13:00-16:30
 日高良祐  (東京芸術大学大学院)
 河野崇    (SID Media Lab)
 谷口文和  (京都精華大学)
 田中治久  (hally/VORC)
 ディスカッション
  登壇者 + 毛利嘉孝(東京芸術大学)

〈第二部:ライヴパフォーマンス〉 17:00-19:00
 taropeter
 BUBBLE-B  (KARATECHNO)
 Omodaka

くわしくは、http://ryskhdk.net/mod まで

このページのトップへ

関連書籍

音響メディア史

音響メディア史

音の技術と音の文化が交差する

 
 

このページのトップへ