ホーム > 福祉心理学の世界

福祉心理学の世界  新刊

人の成長を辿って

福祉心理学の世界

ライフサイクルの中で,また家庭や社会の中で繰り返し現れてくる様々な違和に果敢に取り組み,ウェルビーイングを目指す心理学の役割

著者 中山 哲志
稲谷 ふみ枝
深谷 昌志
ジャンル テキスト
心理学 > 福祉
出版年月日 2018/09/20
ISBN 9784779512889
判型・ページ数 A5・184ページ
定価 本体2,100円+税
 

目次

はじめに
序 章 福祉心理学を学ぶ(中山哲志)

第Ⅰ部 乳幼児期
第1章 親性の形成(山喜高秀)
第2章 乳幼児期の養育の課題(金城 悟)
第3章 児童虐待の意味するもの(山喜高秀)

第Ⅱ部 児童期
第4章 いじめ理解の基礎(深谷昌志)
第5章 「不登校」の理解(深谷和子)
第6章 発達障害をどう考えるか(渡部純夫)

第Ⅲ部 青年・成人期
第7章 高学歴化社会を生きる(深谷昌志)
第8章 障害者に対するヘイトクライム(十島雍蔵)
第9章 職場としての児童養護施設で起こっていること(渡部純夫)
第10章 企業社会が抱える課題(金城 悟)

第Ⅳ部 老年期
第11章 初老期のアイデンティティ・クライシス(十島雍蔵)
第12章 老いとは何か(稲谷ふみ枝)
第13章 超高齢社会と心理的支援(稲谷ふみ枝)

第Ⅴ部 まとめとして
第14章 レジリエンスを育てる(深谷和子)
第15章 ウェルビーイングな人生(中山哲志)

このページのトップへ

内容説明

様々な違和を超克して皆の幸福を目指す方途――

本書では福祉=ウェルビーイングととらえる。
人生の各段階で繰り返し現れてくる違和の解決に向けて
様々な知恵を如何に集め,如何に最適解を見出したらいいかを
ワークを駆使して学び,社会に発信できる力を育む心理学。




●著者紹介
執筆者一覧(*は編者)
中山哲志(東京成徳大学教授)* 序,第14章
山喜高秀(志學館大学教授) 第1章,第3章
金城 悟(東京家政大学教授) 第2章,第10章
深谷昌志(東京成徳大学名誉教授)* 第4章,第7章
深谷和子(東京学芸大学名誉教授) 第5章,第15章
渡部純夫(東北福祉大学教授) 第6章,第9章
十島雍蔵(鹿児島大学名誉教授,きずな学園理事長)第8章,第11章
稲谷ふみ枝(鹿児島大学大学院教授)* 第12章,第13章

このページのトップへ