ホーム > グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌

グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌  新刊

中国、インド、ブラジル、メキシコ、東南アジア

グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌

サブプライム危機、ソブリン危機の衝撃によるグローバル成長連関の変容を、各国の実態調査をもとに解明する。

著者 河村 哲二
ジャンル 経済・経営 > 経済学
出版年月日 2018/08/31
ISBN 9784779513046
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体3,800円+税
 

目次

●主な内容

はしがき

第Ⅰ部 グローバル金融危機と新興経済の経済発展フレームワークの変貌

第1章 「グローバル成長連関」の危機とアメリカ経済
     ――[新興経済]の経済発展のグローバルフレームワークの転換

第2章 産業立地のグローバル化と集積間ネットワーク
     ――日系電機・電子企業のイノベーションへの課題

弟3章 工業機能の集積による国家的都市システムの空間構造の変容
     ――韓国の事例から

第Ⅱ部 中国経済の発展フレームワークの変貌と転換

第4章 グローバル金融危機と中国経済の構造的脆弱性

第5章 中国における発展モデルの転換と課題

第6章 中国の株式所有構造と企業効率についての再検討
     ――上場企業381社の検証

第7章 日中合弁企業のペア・マネジメント
     ――海信日立の事例を中心に

第Ⅲ部 インド、メキシコ・ブラジル、東南アジアの経済成長戦略の変貌と転換

第8章 東南アジアにおける産業編成の転換
     ――自動車産業を中心に

第9章 金型産業にみるアジアのGVCの変化
     ――日本依存から多極化への転換と韓国・中国の台頭

第10章 NAFTA体制下におけるメキシコ自動車産業の発展過程とその課題

第11章 世界金融危機後の中国企業のグローバル化
      ――ブラジルへ進出する中国自動車企業を中心に

第12章 2000年代のインドにおける新たな機会と新たな回帰

このページのトップへ

内容説明

●著者紹介
河村哲二(かわむら てつじ)
法政大学経済学部教授。理論経済学、アメリカ経済論、グローバル経済論専攻。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得。経済学博士(東京大学)。『パックス・アメリカーナの形成』(東洋経済新報社)、『現代アメリカ経済』(有斐閣)ほか、著書多数。



近藤章夫  法政大学経済学部教授

玄  法政大学大学院経済学研究科教授、法政大学大学院グローバル地域研究所所長

王 京濱  天津理工大学管理学院教授

李 捷生  大阪市立大学大学院経営学研究科教授

王 東明  大阪市立大学大学院経営学研究科准教授

範 大鵬  文泰商学院学院長

時 晨生  法政大学大学院経済学研究科博士後期過程中退

 燕書  明治大学経営学部教授

折橋伸哉  東北学院大学経営学部教授

馬場敏幸  法政大学経済学部教授

芹田宏司  立正大学経済学部教授

苑 志佳  立正大学経済学部教授

加藤眞理子  西南学院大学経済学部准教授

このページのトップへ