ホーム > 経営・ビジネス心理学

経営・ビジネス心理学  新刊

経営・ビジネス心理学

産業・組織心理学の部門、組織行動・作業・人事・消費者行動に対応した構成で各々の問題を網羅。基礎から研究動向まで踏まえた決定版

著者 松田 幸弘 編著
ジャンル テキスト
心理学
心理学 > 産業・組織
出版年月日 2018/04/20
ISBN 9784779512636
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体2,500円+税
 

目次

はじめに

第1章 リーダーシップ
 1 リーダーとはだれか,リーダーシップとはだれのものなのか
 2 効果的なリーダーシップを求めて
 3 変革型リーダーシップ論
 4 関係性のリーダーシップ論
 5 さいごに

第2章 フォロワーシップ
 1 フォロワーシップとは何か
 2 フォロワーの役割と行動:フォロワーシップ・スタイルの理論
 3 フォロワーシップ認知からのアプローチ:暗黙のフォロワーシップ理論
 4 フォロワーシップ研究に向けて

第3章 ワークモチベーション
 1 ワークモチベーションとは
 2 課題遂行過程とワークモチベーション
 3 課題遂行の各段階とそこに関わるワークモチベーション
 4 外形的および内生的職務設計とワークモチベーション

第4章 組織コミットメント
 1 組織コミットメントの重要性
 2 組織コミットメントの意味
 3 組織コミットメントがもたらすもの
 4 組織コミットメントを高めるには
 5 もう一つの組織コミットメント
 6 組織以外の仕事に関わるコミットメント

第5章 ストレスとメンタルヘルス
 1 職場におけるストレスの現状
 2 職務ストレスの理論
 3 職務ストレスに影響する要因
 4 働く人への支援

第6章 心の健康
 1 心の健康とは
 2 生活習慣やストレスマネジメントと心の健康
 3 ストレスと上手につきあう心とは

第7章 経営・組織の意思決定
 1 集団の問題解決:3人寄れば文殊の知恵
 2 非合理的な意思決定の合理性
 3 判断とヒューリスティック
 4 集団での意思決定

第8章 人間関係とコミュニケーション
 1 日本の職場の人間関係
 2 職場のコミュニケーション
 3 職場集団の発達
 4 上司と部下の関係性
 5 同僚との協力関係

第9章 人材育成とキャリア
 1 人材育成とキャリアとの関係
 2 人材育成の方法
 3 キャリアとは何か
 4 キャリア開発

第10章 人事マネジメント
 1 人事マネジメントとは何か
 2 募集・選考
 3 人事評価
 4 多様な人材のマネジメント

第11章 消費者行動の心理学
 1 消費者行動研究の目的
 2 消費者行動を捉える枠組み
 3 マーケティングと消費者行動
 4 消費者の購買意思決定過程
 5 消費者保護と心理学

第12章 広告の心理学
 1 広告心理学とは
 2 広告効果モデル
 3 広告表現
 4 店舗内での広告

第13章 ファッションの心理学
 1 「ファッション」とは何か
 2 非言語的コミュニケーションとしての被服行動
 3 外見の効果
 4 職場における被服の役割

第14章 文  化
 1 文化と人間観
 2 文化と動機づけ・感情
 3 文化と信頼
 4 文化とリーダーシップ
 5 文化と認知

第15章 組織神経科学
 1 社会的認知と脳
 2 神経科学研究の方法
 3 曖昧状況下での意思決定:神経心理学と生理心理学からの知見
 4 社会的認知の障害

トピック1 〈最近の若者は……〉の世代との協働とリーダーシップ
トピック2 リーダーシップ・スタイルが生む風土に影響される子どもたち
トピック3 フォロワーが目指す7つの生き方(動機)
トピック4 模範的なフォロワーはリーダーに不可欠な存在である
トピック5 目標管理制度とワークモチベーション
トピック6 チームモチベーション
トピック7 新入社員の組織コミットメントを高めるには
トピック8 ワーク・ライフ・バランスと組織コミットメント
トピック9 多元的無知
トピック10 100年後の未来人
トピック11 生物医学モデルから生物心理社会モデルへ
トピック12 プラシーボは除外されるべき?
トピック13 先払いは人々の心を変える―心の会計
トピック14 コミットメントのエスカレーション―プロスペクト理論からの解釈
トピック15 職場の規範とリターン・ポテンシャル・モデル
トピック16 集団年齢とパフォーマンス
トピック17 研修費用とその効果について
トピック18 キャリアの停滞:キャリア・プラトー現象
トピック19 日本と海外の賃金制度の違い
トピック20 高齢者と障害者の雇用
トピック21 心理的財布理論
トピック22 「限定商法」の心理的効果
トピック23 プロダクト・プレイスメント
トピック24 公共広告の功罪
トピック25 ダイエット行動
トピック26 性役割観とファッション
トピック27 関係流動性の違いで文化差を捉える
トピック28 心の外にある文化差
トピック29 行動嗜癖と衝動抑制
トピック30 オキシトシンと社会的認知

このページのトップへ

内容説明

企業組織の維持・運営の心の基盤を徹底解剖
組織行動・作業・人事・消費者行動という産業・組織心理学の部門に対応した構成で、各々の問題を網羅。基礎から近年の研究動向まで踏まえた決定版。


●執筆者紹介(*は編者)

山浦 一保(やまうら かずほ)
立命館大学スポーツ健康科学部教授
第1章

松田 幸弘(まつだ ゆきひろ)*
大阪経済大学人間科学部教授
第2, 7章

池田 浩(いけだ ひろし)
九州大学大学院人間環境学研究院准教授
第3章

太田 さつき(おおた さつき)
静岡産業大学経営学部教授
第4章

松本 友一郎(まつもと ともいちろう)
中京大学心理学部准教授 第5章

田中 芳幸(たなか よしゆき)
京都橘大学健康科学部准教授
第6章

大森 哲至(おおもり てつし)
帝京大学外国語学部講師
第8章

小川 悦史(おがわ えつし)
大阪経済大学経営学部講師
第9, 10章

永野 光朗(ながの みつろう)
京都橘大学健康科学部教授
第11章

前田 洋光(まえだ ひろみつ)
京都橘大学健康科学部准教授
第12章

中川 由理(なかがわ ゆり)
京都橘大学健康科学部助教
第13章

竹村 幸祐(たけむら こうすけ)
滋賀大学経済学部准教授
第14章

長谷川 千洋(はせがわ ちひろ)
神戸学院大学心理学部教授
第16章

このページのトップへ