ホーム > チームで取り組む生徒指導・教育相談

チームで取り組む生徒指導・教育相談  新刊

事例を通して深く学ぶ・考える

チームで取り組む生徒指導・教育相談

児童生徒のためのチーム援助――それは教師と多様な専門家が協力すること。教師を目指す人や現場の教員に役立つテキストの新装改訂版

著者 石川 美智子
ジャンル テキスト
教育・文学 > 教育学
出版年月日 2018/03/30
ISBN 9784779512759
判型・ページ数 B5・190ページ
定価 本体2,700円+税
 

目次

はじめに

01 教師になる
 01-01 さまざまな教師像
 01-02 教師たちの葛藤とキャリアデザイン
 01-03 復  習

PartⅠ 生徒指導の基礎

02 生徒指導の役割と課題
 02-01 社会構成主義と教師の姿勢
 02-02 学校組織における生徒指導の位置づけ
 02-03 生徒指導の領域論から機能論へ
 02-04 生徒指導におけるチーム援助と三つの援助階層
 02-05 復  習

03 発達段階と児童生徒アセスメント
 03-01 児童生徒アセスメントとは何か
 03-02 児童生徒アセスメントを行うために
 03-03 さまざまなアセスメントの方法
 03-04 復  習

04 発達と学習
 04-01 児童生徒の心理・社会面に関する理論
 04-02 学習の支援に関する理論
 04-03 復  習

05 教科指導における開発的援助
 05-01 生徒指導の3機能
 05-02 教科における開発的援助
 05-03 復  習

06 学校における心理教育と開発的援助
 06-01 心理教育の意義と背景
 06-02 学校における心理教育の注意点
 06-03 体験学習の種類
 06-04 復  習

07 キャリア教育
 07-01 キャリア教育の定義と課題
 07-02 キャリア教育が提唱された社会背景
 07-03 キャリア発達の理論
 07-04 日本のキャリア教育
 07-05 復  習

PartⅡ 生徒指導の実際

08 保護者への対応
 08-01 保護者への対応
 08-02 開かれた学校と保護者の対応における管理職の役割
 08-03 復  習

09 発達障がい
 09-01 特別なニーズ教育における世界と日本の動向
 09-02 発達障がいと二次障がい
 09-03 発達障がいと支援
 09-04 復  習

10 不登校
 10-01 不登校の実態
 10-02 不登校の経過と効果的な指導
 10-03 復  習

11 人権問題としてのいじめ
 11-01 いじめの定義とその実態
 11-02 いじめの影響と構造
 11-03 復  習

12 学校現場におけるいじめ問題
 12-01 学校におけるいじめの実態
 12-02 いじめ予防のための対応
 12-03 復  習

PartⅢ チーム援助のために

13 個別援助とチーム援助
 13-01 事例1の経過
 13-02 事例2
 13-03 児童虐待に関する法律
 13-04 復  習

14 教師以外の専門家の活用と連携
 14-01 事例紹介
 14-02 事例経過
 14-03 復  習

15 学校における危機対応
 15-01 学校危機の理解
 15-02 学校における自殺企図者への対応
 15-03 復  習

おわりに

このページのトップへ

内容説明

コーディネーターとしての教師、スクール・カウンセラー、スクール・ソーシャルワーカー、養護教諭・・・・・・教師と多様な専門家の協力で児童生徒のためのチーム援助体制を構築する。教師を目指す人だけでなく現場の教師にも役立つ生徒指導・教育相談の教科書の新装改訂版。提出用シート付。


●著者紹介
石川 美智子(いしかわ みちこ)
名古屋大学大学院博士課程後期課程修了。博士(心理学)。現在,常葉大学大学院教授。主著に,『高校相談活動におけるコーディネーターとしての教師の役割―その可能性と課題』(ミネルヴァ書房,2015年)など。

松本 みゆき(まつもと みゆき)(分担執筆(「07 キャリア教育」)
名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(心理学)。現在,Christ大学(インド,バンガロール)研究員。主著に,『産業心理臨床実践―個(人)と職場・組織を支援する』(ナカニシヤ出版,2016年,分担執筆)。

このページのトップへ