ホーム > 不登校の子どもの理解と支援

不登校の子どもの理解と支援  新刊

学校で今できることは何か

不登校の子どもの理解と支援

現場で教育臨床を続けてきた著者が、不登校の相談に応じる教師、カウンセラーらのために不登校問題の理解の仕方から対処まで解説する

著者 寺田 道夫
ジャンル 心理学
出版年月日 2018/03/20
ISBN 9784779512223
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,800円+税
 

目次

まえがき

序章
 1.不登校問題とは
 2.教育臨床の原点

Ⅰ 不登校─その実情

Ⅱ 不登校問題への学校の対応
 1 .不登校の実態に対する学校の認識
 2.不登校事例への学校の対応の現状
 3.機能する教育相談体制づくり
 4.担任に求められる対処の枠組み
 5.機能する校内相談体制づくり

Ⅲ 不登校理解の基本
 1.理解の枠組み
 2.不登校状態の理解のための枠組み
 3.各時期に望まれる学校の対処

Ⅳ 心理的力動に基づくアプローチの変遷と今日的課題
 1.心理的力動に基づくアプローチの変遷
 2.子ども,家族の心理的力動

Ⅴ 不登校事例のアセスメント
 1 .不登校の実態調査
 2.文献にみられる登校拒否(不登校)事例のアセスメントの枠組み
 3.子どもの状態像に基づくアセスメント
 4.不安を伴う登校拒否(不登校)のアセスメント

Ⅵ 学校場面における不登校事例の対処
 1.受理段階
 2.事例に基づく登校拒否(不登校)のアセスメントと対処

Ⅶ 学校における不登校事例への対処─実践例─
 1.各学期における対処
 2.結びに

引用文献
索引

このページのトップへ

内容説明

現場で長年にわたり教育臨床を続けてきた著者が、不登校事例の相
談に応じる教師、カウンセラー、相談員らのために、不登校問題の理解の仕方から対処まで解説する。


●著者紹介
寺田道夫(てらだみちお)臨床心理士
岐阜大学教育専攻科(1974 年修了)専攻:教育臨床・動機づけ
兵庫教育大学大学院・学校教育研究科(1982 年修了) 教育学修士

現職・職階
東海学院大学人間関係学部心理学科及び大学院人間関係学研究科(臨床心理
学専攻)客員教授
岐阜県公立小中学校教員,東海女子大学及び東海学院大学准教授,教授を
経て現職
寺田臨床心理学研究所長,寺田心理相談室長
岐阜県公立学校スクールカウンセラー,岐阜産業保健総合支援センター促進員,岐阜県精神保健福祉協会理事及び教育・家庭部会委員長,ぎふ犯罪被害者支援センター副理事長,日本メンタルレスキュー協会アドバイザー

主要著作物
中学生の心理と教育福村出版,1983 年(分担執筆)
人格と臨床の心理文化書房博文社,1999 年(分担執筆)

研究紀要等
達成動機に関する研究Ⅰ(1976)臨床心理学とその近接領域2 岐阜臨床心理学研究会紀要,pp. 1-10.
登校拒否への対処─ Blagg, N.(1987)からの学校教育相談への示唆─ 岐阜大学教育学部研究実践センター年報,第1 号,pp. 79-94.岐阜大学教育学部
不登校児への対処─学校における早期対処のあり方─ 東海女子大学紀要,25 号,pp. 77-94.

このページのトップへ