ホーム > コミュニティビジネスで拓く地域と福祉

コミュニティビジネスで拓く地域と福祉  新刊

コミュニティビジネスで拓く地域と福祉

喫茶店や復興支援さらには刑務所まで,地域や福祉の持続の鍵はコミュニティビジネスが握る。基礎概念をはじめ現状を一冊で学ぶ

著者 諫山 正
ジャンル 経済・経営 > 経済学
出版年月日 2018/03/20
ISBN 9784779512407
判型・ページ数 A5・206ページ
定価 本体2,200円+税
 

目次

  刊行に寄せて

 序章 本書の概要  
 
  1 本書の目的  

  2 「ソーシャル」と「ビジネス」の関係について  

  3 本書の想定読者  

  4 本書の構成  


第1部 概念整理

 第1章 ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス
      ――2つの概念はどのように区分されてきたか――

  1 はじめに  

  2 概念の混同  

  3 ソーシャルビジネスとコミュニティビジネスをどのように区分するか  

  4 まとめ  


 第2章 欧米の社会的企業論の系譜と日本の導入状況

  1 はじめに  

  2 アメリカにおける社会的企業論の研究アプローチ  

  3 欧州における社会的企業研究のアプローチ  

  4 社会的企業の社会性  

  5 日本における社会的企業論の座標  

  6 おわりに  


第2部 実務と資金

 第3章 ソーシャルビジネス/コミュニティビジネスに関する基礎知識

  1 はじめに    

  2 社会的問題とビジネス  

  3 ソーシャルビジネス/コミュニティビジネスの主体  

  4 運営に関わる注意点  

  5 おわりに  


 第4章 地域福祉のファンドレイジング

  1 はじめに  

  2 地域福祉活動の財源  

  3 コミュニティファンドとしての共同募金のファンドレイジング  

  4 諸外国の共同募金  

  5 結 論  


第3部 ケーススタディ

 第5章 被災地が育むソーシャルアントレプレナーシップ

  1 はじめに  

  2 ソーシャル・ミッション  

  3 ソーシャルビジネス  

  4 ソーシャルアントレプレナーのクラウドを作る  

  5 おわりに  


 第6章 再誕を支えるコミュニティ
      ――刑事司法の可能性――

  1 はじめに  

  2 刑事司法にコミュニティビジネスはなじむか  

  3 地域による刑務所誘致  

  4 「ビジネス」としての刑事司法  
     ――美祢市の刑務所誘致がもたらした効果――

  5 おわりに  
     ――NIMBYを超えて――


 第7章 就学前施設における保育リーダーとマネジメント

  1 はじめに  

  2 保育の多様化と子ども子育て支援新制度  

  3 保育所における社会問題  

  4 「魅力ある保育」の展開  

  5 おわりに  


 第8章 コミュニティに根ざした喫茶店「ホリデー」の就労移行支援と経営
      ――精神障害者の就労と定着を可能にするデザイン――

  1 はじめに  

  2 ホリデーについて  

  3 デザインの記述  

  4 結論  


 第9章 韓国の社会的企業の発展がもたらした効果
      ――地域福祉力向上につながる可能性――

  1 はじめに  

  2 韓国における社会的企業の発展過程  

  3 韓国の社会的企業の概要  

  4 社会的企業の実態  

  5 社会的企業がもたらした効果  

  6 社会的企業の今後の課題  

  7 まとめ  


第4部 展望と課題

 第10章 地域福祉におけるコミュニティビジネスの位置と役割
       ――協働を導くステークホルダーと協働の場としてのプラットフォームの視点から――

  1 はじめに  

  2 地域福祉におけるソーシャルビジネスとコミュニティビジネスの位置  

  3 地域福祉の視点から見たコミュニティビジネス  

  4 まとめ  


 第11章 コミュニティビジネス概念の再検討

  1 はじめに  
     ――細内信孝による「コミュニティビジネス」概念の構築と課題――

  2 マッキーバーによる「コミュニティ」定義の理論的背景  
     ――社会化と個性化(個別化)――

  3 マッキーバーとペイジによるコミュニティ定義  
     ――地域性と地域社会感情――

  4 「望ましい地域社会類型」としてのコミュニティ  

  5 「社会関係の主体的側面」に基づく「福祉コミュニティ」  

  6 コミュニティビジネスが目指す「コミュニティ」  

  7 まとめと課題  
   ――地域的近接性とコミュニティビジネス――


文献一覧  

おわりに  

人名索引  

事項索引  

このページのトップへ

内容説明

地域や福祉の持続のカギは,コミュニティビジネスが握る! 基礎の概念整理から資金の問題,喫茶店や刑務所などなど多くの実践を描くケーススタディまで,ソーシャルビジネス/コミュニティビジネスの現状を一冊で学ぶ。


●著者紹介

【監修者】
諫山正(いさやま・ただし)
新潟青陵大学学長。
『日米欧の金融革新』〔編著〕(日本評論社,1992 年),『ドイツ経済――統一後の10 年』〔共著〕
(有斐閣,2003 年),『現代のドイツ経済――統一への経済過程』〔共著〕(有斐閣,1992 年)な
ど多数。


【編著者】
平川毅彦(ひらかわ・たけひこ)
名古屋市立大学大学院人間文化研究科より学位授与(論文博士)。博士(人間文化)。新潟青陵
大学福祉心理学部社会福祉学科教授。新潟青陵大学・短期大学部地域貢献センター長。専門社
会調査士。
『社会関係の主体的側面と福祉コミュニティ』(ブイツーソリューション,2017 年),『「福祉コ
ミュニティ」と地域社会』(世界思想社,2004 年),他。
〔担当〕第11章

海老田大五朗(えびた・だいごろう)
成城大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。博士(文学)。新潟青陵大学准教授。
『ワークプレイス・スタディーズ:はたらくことのエスノメソドロジー』〔共著〕(ハーベスト
社,2017 年),『概念分析の社会学2』〔共著〕(ナカニシヤ出版,2016 年),他。
〔担当〕序章,第1 章,第8 章,おわりに


【執筆者】(執筆順)
川本健太郎(かわもと・けんたろう)
関西学院大学社会学研究科社会福祉学専攻修士課程修了。修士(社会福祉学)。立正大学社会
福祉学部社会福祉学科専任講師。
『これからの社会的企業に求められるものは何か――カリスマからパートナーシップへ』〔編著
者〕(ミネルヴァ書房,2015 年),『社会起業入門――社会を変えるという仕事』〔共著〕(ミネ
ルヴァ書房,2012 年),他。
〔担当〕第2 章

髙橋司(たかはし・つかさ)
東北大学大学院法学研究科博士前期課程修了。修士(法学)。新潟青陵大学短期大学部人間総
合学科助教。税理士。介護福祉経営士。
〔担当〕第3 章

増子正(ますこ・ただし)
東北大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。修士(経済学)。東北学院大学教養学部地域
構想学科教授,学科長。
「地域福祉を支える共同募金改革への市民意識に関する研究」(『日本地域政策研究』11 号,2013 年),
「躍進を続ける韓国共同募金の背景」〔共著〕(『総合人間科学』5 号,2017 年),他。
〔担当〕第4 章

三浦修(みうら・おさむ)
新潟医療福祉大学大学院医療福祉学研究科前期課程修了。修士(社会福祉学)。新潟青陵大学
福祉心理学部社会福祉学科准教授。社会福祉士。
「東日本大震災「救出・避難段階」における地域包括支援センター社会福祉士による活動の実
態」(『ソーシャルワーカー』14 号,2015 年),『新装版 精神保健福祉士の仕事』〔分担執筆〕
(朱鷺書房,2012 年),他。
〔担当〕第5 章

里見佳香(さとみ・よしか)
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程単位修得退学。修士(国際公共政策)。新潟
青陵大学福祉心理学部社会福祉学科助教。
「刑事被告人が無罪の推定を受ける権利に関する一考察――国際人権法の観点から」(『新潟青
陵学会誌』第9 巻1 号,2017 年),「欧州拷問等防止委員会,英国王立刑事施設視察委員会と
日本の刑事施設視察委員会制度」(『人文社会科学研究所年報』13 号,2015 年),他。
〔担当〕第6 章

齊藤勇紀(さいとう・ゆうき)
上越教育大学大学院学校教育研究科障害児教育専攻修了。修士(教育学)。新潟青陵大学福祉
心理学部社会福祉学科准教授。保育士。臨床発達心理士。幼稚園教諭第一種免許状。養護学校
教諭専修免許状。
「保育者を目指す短期大学生への行動理論に基づく指導プログラムが不適切行動を示す幼児へ
の指導スキル向上に及ぼす効果」〔共著〕(『学校メンタルヘルス』第19 巻1 号,2016 年),
「早期療育機関における「循環型」研修会の具現化と療育実践への効果」〔共著〕(『地域福祉サイ
エンス』2 号,2015 年),他。
〔担当〕第7 章

迫田健太郎(さこだ・けんたろう)
社会福祉法人あすみ福祉会理事長。
『三訂 保育所運営マニュアル』〔共著〕(中央法規出版,2007 年),他。
〔担当〕第7 章

迫田圭子(さこだ・けいこ)
社会福祉法人あすみ福祉会創始者。元立正大学社会福祉学部子ども教育福祉学科教授。保育士。
幼稚園教諭第二種免許状。
『自分で出来る子が育つ――茶々式しつけメソッド』(主婦の友社,2016 年),『見る・考える・
創り出す乳児保育――養成校と保育室をつなぐ理論と実践』〔共著〕(萌文書林,2014 年),
『三訂 保育所運営マニュアル』〔共著〕(中央法規出版,2007年),他。
〔担当〕第7 章

小野翔彌(おの・しょうや)
社会福祉法人あすみ福祉会茶々保育園主任保育士。保育士。幼稚園教諭第一種免許状。
〔担当〕第7 章

篠田珠弥子(しのだ・みやこ)
社会福祉法人あすみ福祉会茶々とどろき保育園主任保育士。保育士。幼稚園教諭第二種免許状。モンテッソー
リ教員免許。
〔担当〕第7 章

野崎智仁(のざき・ともひと)
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士課程在学中。修士(保健医療学)。国際医療福
祉大学保健医療学部作業療法学科助教。作業療法士。精神保健福祉士。第1 号職場適応援助者
(ジョブコーチ)。
「那須地域における就労支援ネットワーク」(『精神障害とリハビリテーション』第18 巻2 号,
2014 年),「「環境」と作業療法 環境としての住居②就労支援としての散らかった住居へのア
プローチ実践」(『作業療法ジャーナル』第48 巻8 号,2014 年),他。
〔担当〕第8 章

李在檍(い・じぇおく)
岩手県立大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程単位取得満期退学。修士(社会福祉学)。
新潟青陵大学福祉心理学部社会福祉学科准教授。社会福祉士。
「地域福祉を支える共同募金の新しいミッションの可能性に関する研究」〔共著〕(『学際連携研
究公共と社会』1 号,2012 年),『トラブル事例から学ぶ福祉・介護実習ワークブック』〔共
著〕(みらい,2009 年),他。
〔担当〕第9 章

佐藤貴洋(さとう・たかひろ)
関東学院大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程在学中。修士(社会学)。新潟青陵大
学福祉心理学部社会福祉学科准教授。社会福祉士。
「ソーシャルワーカーの専門性研究の課題」(『社会論集』19 号,2013 年),「障害者雇用の固有
性としての企業と障害者家族の関わり」〔共著〕(『新潟青陵学会誌』第7 巻1 号,2014 年),他。
〔担当〕第10 章

このページのトップへ