ホーム > 感情制御の精神生理学

感情制御の精神生理学  新刊

快不快の認知的評価

感情制御の精神生理学

代表的理論やモデル、ネガティブ感情を扱った実験結果の検討を通して、認知的評価の感情制御機能について精神生理学手法を用いて探求

著者 手塚 洋介
ジャンル 心理学 > 感情・情動
出版年月日 2018/02/10
ISBN 9784779512254
判型・ページ数 A5・124ページ
定価 本体4,800円+税
 

目次

序章

第1章感情の認知的評価理論
 第1節 認知的評価理論の起源
 第2節 ストレス研究における認知的評価理論の展開
 第3節 感情研究における認知的評価理論の展開

第2章認知的評価の感情制御機能
 第1節 感情と健康
 第2節 感情制御のプロセスモデル
 第3節 心臓血管系精神生理学血行力学的反応の古典的説明モデル
 第4節 認知的評価と血行力学的反応
 第5節 認知的評価の感情制御機能に関する検討課題

第3章認知的評価がネガティブ感情反応の喚起に及ぼす影響
 第1節 従来の認知的評価研究の方法論的問題
 第2節 ネガティブ感情反応の喚起に及ぼす認知的評価の影響(実験)

第4章認知的評価がネガティブ感情反応の喚起と持続に及ぼす影響
 第1節 挑戦脅威モデルに基づく認知的評価の操作
 第2節 言語報告を利用した認知的評価の感情制御機能の検討(実験)

第5章再評価がネガティブ感情反応の持続に及ぼす影響
 第1節 ネガティブ感情の持続における再評価の機能
 第2節 再評価がネガティブ感情反応の持続に及ぼす影響(実験)

第6章再評価がネガティブ感情反応の持続と反復に及ぼす影響
 第1節 成功-失敗情報を利用した再評価の操作
 第2節 再評価がネガティブ感情反応の持続と反復に及ぼす影響(実験)

第7章総合論議
 第1節 認知的評価の感情制御機能
 第2節 制御機能のさらなる解明に向けて
 第3節 結び

このページのトップへ

内容説明

人間が感情を制御する方略とは――
代表的理論やモデル、ネガティブ感情を扱った実験結果の検討を通して、認知的評価の感情制御機能について精神生理学手法を用いて探求。

●著者紹介
手塚洋介(てづかようすけ)
博士(心理学)
2000年早稲田大学人間科学部卒業
2007年同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程退学
現職大阪体育大学体育学部准教授
主要著作物
生理心理学と精神生理学第Ⅱ巻(分担執筆;2017年北大路書房)
心理学概論[第2版](分担執筆;2014年ナカニシヤ出版)
日々の生活に役立つ心理学(分担執筆;2014年川島書店)
ストレス科学事典(分担執筆;2011年実務教育出版) 他

このページのトップへ