ホーム > イノベーションの核心

イノベーションの核心  新刊

ビジネス理論はどこまで「使える」か

イノベーションの核心

イノベーションに関わる理論を解説し事業の成否を決める要因を検証。技術開発、事業化、市場での展開にあたってのキーポイントを集約

著者 三藤 利雄
ジャンル 経済・経営
経済・経営 > 経済学
経済・経営 > 経営学
出版年月日 2018/01/20
ISBN 9784779512261
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,800円+税
 

目次

序  章  イノベーション理論をビジネスに活かす
―蔓延する誤解と無理解―
イノベーションとは技術開発プラス事業化、そして市場における成功/イノベーションを一連の進化プロセスとして捉える/イノベーションに対する誤解と無理解/イノベーション活動は「何故」と疑うことから始まる/ビジネスに関わる代表的なイノベーション理論を学ぶ
■コラム■ 「イノベーション」について
■コラム■ パソコンの進化プロセス


第一部  イノベーション普及論
―製品等の採用者側からイノベーションの普及過程を分析した古典理論―


第一章  イノベーション普及論の体系
―何故人々は優れたイノベーションを一斉に採用しないのか―
1 イノベーションの普及過程には四つの主要な要素がある
普及論ではイノベーションとは新しいアイデアのこと/イノベーション情報はコミュニケーションチャンネルを経由して伝わる/イノベーションの普及対象は社会システムの成員/イノベーションが普及するには時間がかかる

2 イノベーション採用過程
知識段階/説得段階/決定段階およびそれ以降の段階/採用過程はこの順に起きるのか

3 採用者革新性―イノベーション採用の遅速―
イノベーター/初期採用者/後期の採用者

4 イノベーションの普及曲線―イノベーションの属性が普及速度を決める―
相対的優位性/両立可能性/複雑性/観察可能性と試行可能性

5 クリティカルマス―イノベーションの普及が持続的になるとき―

6 ロジャーズ普及論は何故今でも読み継がれているのか
■コラム■ 普及現象のいくつかの説明モデル―感染モデル、閾値モデル、構造同等モデル―


第二章  イノベーション普及論の展開
―イノベーションの普及過程分析からマーケティング戦略への転換―

1 バスモデル―マーケティングにおける定量分析モデルの定番―
バスモデルの考え方/採用者カテゴリーの構成はロジャーズ普及論とは違う

2 キャズム―イノベーションが成功するために越えねばならない深い溝―
キャズムの採用者カテゴリーはロジャーズ普及論のパクリ/普及論をマーケティング戦略論に転換させたムーアのキャズム理論/共組織化

3 提唱者によって意味合いが異なるイノベーター概念
革新的採用者/変革者/技術開発者

4 ロジャーズ普及論の限界
リニアモデルである/イノベーションに関わる製品の変化が組み込まれていない/単品の技術的イノベーションを対象としている/制度に対する考慮が希薄である/ネットワーク時代に対応していない

5 まとめ
■コラム■ ビデオテープレコーダーの普及


第二部 ドミナント・デザイン論
―製品進化の視点から組織と戦略の変化を捉えたイノベーション理論の定番―


第三章  ドミナント・デザイン論の体系
―何故市場に広く浸透している製品はどれも似通っているのか―

1 ドミナント・デザイン論の骨子
ドミナント・デザイン出現のメカニズム/「デザイン」とは製品のアーキテクチャのこと

2 A‐Uモデルの栄枯盛衰
流動期、遷移期、特殊期/どれがA‐Uモデル図か/A‐Uモデルの妥当性は検証されていない

3 脱成熟論から非連続変化論へ

4 研究者の間に広く浸透しているドミナント・デザイン論
■コラム■ 当初少なくとも三種類あったA‐Uモデル図


第四章  ドミナント・デザイン論の展開
―イノベーションのライフサイクル分析から企業の生き残り戦略へ―

1 ドミナント・デザインの研究によって得られた知見
ドミナント・デザインは技術と市場の妥協の産物として出現する/ドミナント・デザインは比較的複雑な製品に出現しやすい/ドミナント・デザイン出現の遅速の指標/サービス、サービス産業への適用は少ない/ドミナント・デザイン出現の兆候、生き残り戦略、参入のタイミング

2 ドミナント・デザイン論に関わる最近の潮流
デジカメの要素技術ごとのドミナント・デザインの形成/製品に関わるドミナント・カテゴリーの出現/イノベーション・ショックの後にドミナント・デザインが出現する/ドミナント・デザインとサービス戦略の関係

3 ドミナント・デザイン論の達成点
■コラム■ ファクシミリのドミナント・デザイン


第三部  破壊的イノベーション理論
―製品等による市場の分断と破壊の過程を分析したイノベーション理論の最高到達点―


第五章 破壊的イノベーション理論の体系
―何故優れた企業が敗退することがあるのか―

1 ローエンド型破壊―破壊的イノベーション理論の原形―
ローエンド型破壊が起きるための前提条件/持続的イノベーションは既存市場を持続させる/破壊的イノベーションは既存市場を分断する/ローエンド型破壊のメカニズム

2 新市場型破壊―ややトリッキーな破壊のメカニズム―
ハードディスクドライブは新市場型破壊

3 根元的イノベーションと破壊的イノベーションは根本的に異なる
根元的イノベーションはブレークスルー型技術を基礎とする/破壊的イノベーションはブレークスルー
型ないし改良型技術を問わない

4 破壊的イノベーション理論は既存の経営理論と実践に対する大胆な挑戦


第六章  破壊的イノベーション理論の展開
―手に汗握る白熱の攻防とその先にあるもの―

1 誌上の激突―破壊的イノベーション理論をめぐる二〇〇六年の論争―
二〇〇四年ダニールズが論争の火蓋を切る/クリステンセンの弁明/理論家ヘンダーソンによる組織と戦略の視点からの好意的コメント/テリスとダニールズによるマーケティングの視点からの冷淡なコメント/その他の主な意見

2 災いはある日突然に―二〇一四年破壊的イノベーションをめぐる白熱の攻防―
ハーバード大学歴史学教授レポーの華麗にして過激な攻撃/レポーのエッセイをめぐるネット上の攻防/キングたちの実証的な、しかし棘のある批判/HBR誌上でのクリステンセンたちの婉曲な、しかし断固たる主張/SMR誌上に収録された専門家の好意的反応

3 白熱の攻防から見えてくるもの
破壊理論は正しく伝えられてきたか/破壊理論の方法論/破壊理論は批判にさらされてきたか/破壊理論の中核概念

4 破壊的イノベーション理論はどこまで使えるか
製品とサービスに等しく適用可能か/考慮すべき性能は一つでよいか/新市場型破壊は代替的な性能指標の導入が狙い/製品等の性能は常に進化するか/製品等の性能に対する顧客ニーズは常に上向きか/破壊理論にはどれほどの予測能力があるか/支配的企業が持続的イノベーションの軌跡を離脱することは合理的か

5 破壊的イノベーション理論はイノベーション戦略のパラダイム転換といえるか
■コラム■ 能力増強型および能力破壊型イノベーション
■コラム■ アーキテクチュラル・イノベーション


第七章  破壊的イノベーションの事例
―太陽光発電技術に関わるシステムの形成過程―

1 イノベーションに関わる日本のシステムの特徴
日本のシステムは奇跡の経済成長の源泉/一九九〇年代以来長期の低迷が続く日本の経済と国際競争力
2 太陽光発電技術に関わるシステムの形成過程―日本の企業は何故凋落したか―
順調な滑り出し/外部環境の変化/破壊的イノベーションの出現
3 太陽光発電事業の経験から得られる教訓
同じ技術から破壊的および持続的イノベーションが生まれる/戦略優位のポジションは統合型企業から専門型企業へ/破壊的イノベーションの出現に対する既存企業の戦略選択
4 日本のシステムの課題
太陽光発電事業において凋落した日本の企業に共通する特徴/凋落の原因は日本のハイテク企業に共通している/破壊的イノベーションの生まれにくい日本のシステム
■コラム■ 「イノベーションに関わるシステム」研究の展開


終  章  イノベーションが生まれやすい社会へ
―人々の、人々による、人々のためのイノベーション―
科学、技術、イノベーションの違い/科学、技術、イノベーションは必ずしもこの順に起きるわけではない/イノベーター層のすそ野は広がっている/求む、ディスラプター/一所懸命は是か非か/ディスラプターは細心にして大胆であること/目利きの存在が不可欠/基礎的な科学・技術研究への投資が不可欠/大学で役に立つ研究をすることは必要か/勢いに流されやすい日本のシステム/将来に対して楽
観/人々の、人々による、人々のためのイノベーション

あとがき

参考文献
索  引

このページのトップへ

内容説明

イノベーション普及論、ドミナント・デザイン論、破壊的イノベーション理論といったイノベーションに関わる代表的な理論を取り上げ、解説し、事業の成否を決める要因を検証。技術開発、事業化、市場での展開にあたってのキーポイントを集約した、成功を目指すビジネスパーソンの必読書。



著者紹介
三藤利雄(みつふじ としお)

東京大学博士(工学)
1972 年 東京大学工学部産業機械工学科 卒業
1974 年 東京大学工学系研究科情報工学専攻 修了
現職 立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 教授

主要著作物
『イノベーション・プロセスの動力学』( 2007). 芙蓉書房出版
『イノベーションの普及(E. Rogers, 2004)』(2007).(翻訳)翔泳社
『コミュ二ケーション技術と社会』( 1998). 北樹出版 他

このページのトップへ