ホーム > 大学における海外体験学習への挑戦

大学における海外体験学習への挑戦  新刊

大学における海外体験学習への挑戦

様々なプログラムを記述・分析する「事例編」と学習を総合的に検討する「マネージメントと評価編」を通してよりよい実践をめざす

著者 子島 進
藤原 孝章
ジャンル 心理学 > キャリア研究
教育・文学 > 高等教育
社会・文化 > 異文化・多文化
地理学・人類学 > 人類学
地理学・人類学 > 民俗学
コミュニケーション
出版年月日 2017/12/15
ISBN 9784779512018
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体2,800円+税
 

目次

00 大学における海外体験学習(子島 進・藤原孝章)

1 海外体験学習の原点  
2 海外体験学習の多様性
3 主要な研究テーマ 
4 本書の構成 
5 海外体験学習がめざすもの 


第1部 事例編

01 海外スタディツアーにおける授業づくり―アクティブラーニングにおける「関与」を中心に(箕曲在弘)
1 海外スタディツアーにおける「深い関与」
2 「深い関与」を導くための基礎づくり  
3 「深い関与」を導くための三つの仕掛け 
4 「深い関与」を導く仕組み 

02 海外スタディツアーにおけるルーブリックの作成と活用(藤原孝章)
1 海外体験学習としてのスタディツアーの特徴と課題 
2 「ハネムーン効果」と体験の言語化の課題 
3 学びの評価の機会と手だて 
4 ルーブリックの定義と導入の目的 
5 生涯にわたる学習意欲と市民性の育ち 
6 おわりに:海外体験学習としてのスタディツアーの強みと弱み 

03 海外体験学習における学びの変容と市民性(中山京子・東 優也)
1 はじめに 
2 グアム・スタディツアー 
3 コラージュ制作を用いた学びの変容の視覚化 
4 メジローの学習変容論を用いた自己の学びの変容の意識化 
5 おわりに

04 NGO(NICE)による国際ワークキャンプ―状況学習の観点から(山口紗矢佳)
1 はじめに 
2 国際ワークキャンプの事例分析 
3 結  論 

05 海外体験学習におけるリスクの共有化と課題(齋藤百合子)
1 はじめに:リスク管理からリスク・コミュニケーションへ  
2 現代のリスク社会とリスク・コミュニケーション 
3 フィールドスタディにおけるリスク・コミュニケーションの事例
4 リスク・コミュニケーションの成果:行動の変容  
5 結論:リスク・コミュニケーションの可能性と課題 


第2部 マネージメントと評価

06 大学教育における海外体験学習が受入側に与える影響―カンボジアの事例から(岡島克樹)
1 はじめに:問題の所在と本章の目的  
2 調査の方法 
3 インタビュー調査の概要と結果
4 考  察 
5 まとめ:今後の研究への期待 

07 プ ログラムの制度化と学びを支える職員の参画(黒沼敦子・大川貴史)
1 はじめに  
2 海外体験学習プログラムの制度化の事例
3 教職協働と職員の専門職化
4 議論と結論 

08 海外渡航時のリスク管理―学内体制の把握と検証(敦賀和外・本庄かおり・安藤由香里・小河久志・辻田 歩・大橋一友)
1 背  景
2 調査方法
3 結  果
4 考  察

09 海外留学とキャリア形成―期間別でみる海外留学のインパクト(新見有紀子・岡本能里子)
1 はじめに
2 先行文献 
3 調査の手法
4 結  果 
5 考  察 
6 おわりに 
[補足資料]1ヶ月未満の海外体験学習におけるインパクト(質問紙調査から) 


コラム1 JOELN 発足当時のこと(田中義信)  
コラム2 海外体験学習における多様性(大橋正明)
コラム3 外国人になってみて(千本梨紗子)
コラム4 青年が変われば,世界が変わる:CFF の人材育成(石井丈士)
コラム5 アメリカのサービスラーニング(村上むつ子)  
コラム6 日本におけるサービスラーニングの意味(村上むつ子) 

このページのトップへ

内容説明

授業づくり、ルーブリック、市民性、国際ワークキャンプ、リスクの共有化、受入側との関係構築、教職協働、リスク管理、キャリア形成と評価……

様々な大学におけるプログラムを記述・分析する「事例編」と,海外体験学習をより広い視野から検討する「マネージメントと評価」編を通して、海外体験学習の成果と課題を詳説し、よりよい実践につなげるためのガイドブック


○執筆者紹介(執筆順・編者は*)

子島 進*(ねじま すすむ)
東洋大学教授
担当:00

藤原孝章*(ふじわら たかあき)
同志社女子大学教授
担当:00・02

箕曲在弘(みのお ありひろ)
東洋大学准教授
担当:01

中山京子(なかやま きょうこ)
帝京大学教授
担当:03

東 優也(あずま ゆうや)
海老名市立東柏ケ谷小学校
担当:03

山口紗矢佳(やまぐち さやか)
特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)幹事
担当:04

齋藤百合子(さいとう ゆりこ)
明治学院大学准教授
担当:05

岡島克樹(おかじま かつき)
大阪大谷大学准教授
担当:06

黒沼敦子(くろぬま あつこ)
国際基督教大学サービス・ラーニング・センター講師・コーディネーター
担当:07

大川貴史(おおかわ たかし)
桃山学院大学教務部国際センター事務課
担当:07

敦賀和外(つるが かずと)
津田塾大学学外学修センター副センター長/ 特任教授
担当:08

本庄かおり(ほんじょう かおり)
大阪医科大学教授
担当:08

安藤由香里(あんどう ゆかり)
大阪大学特任講師
担当:08

小河久志(おがわ ひさし)
常葉大学講師
担当:08

辻田 歩(つじた あゆみ)
立教大学教育研究コーディネーター
担当:08

大橋一友(おおはしかずとも)
大阪大学教授
担当:08

新見有紀子(しんみ ゆきこ)
一橋大学講師
担当:09

岡本能里子(おかもと のりこ)
東京国際大学教授
担当:09・補足資料

田中義信(たなか よしのぶ)
大阪女学院大学特任研究員
コラム1

大橋正明(おおはし まさあき)
聖心女子大学教授
コラム2

千本梨紗子(せんぼん りさこ)
東洋大学社会学部3年
コラム3

石井丈士(いしい たけし)
NPO 法人CFF ジャパン事務局
担当:コラム4

村上むつ子
国際基督教大学アジア文化研究所所員,もと講師/サービス・ラーニング・プログラム担当コーディネーター
担当:コラム5・6

このページのトップへ