ホーム > CSV経営とSDGs政策の両立事例

CSV経営とSDGs政策の両立事例  新刊

“共通価値の創出”パターン分類と更なる“社会的包摂”への提案

CSV経営とSDGs政策の両立事例

地域社会と共有できる価値を見出す経営と、国連が設定した持続可能な開発目標の両立事例の検討から更なる社会的包摂の可能性を拓く。

著者 近藤 久美子
ジャンル 経済・経営
経済・経営 > 経営学
出版年月日 2017/11/05
ISBN 9784779512025
判型・ページ数 A5・112ページ
定価 本体1,000円+税
 

目次

はじめに 
序章:CSV 経営と国連の新開発目標(SDGs)の特徴
 第1節 共通価値の創出パターン4 分類:国連SDGs の先を拓くヒント 
    ・CSVの主な特徴 
    ・CSV経営とSDGs のつながり
    ・中・長期的な視点 ―SDGs の先の世界にも思いを馳せる― 
    ・B2CとB2B のあいだ 
    ・ブルー・オーシャンの開拓
 第2節 SDGs の特徴 

<PART I > CSV 経営とSDGs の組合せ

第1章: オアシス型CSV(Oasis)
 第1節 「食の砂漠化問題」とオアシス
 第2節 オアシス型CSV の事例 
    事例1.SOMPO ホールディングスグループ「天候インデックス保険」
    ・気候変動への適応策 (Adaptation Measures)
    事例 2.エステー「 クリアフォレスト事業」 
    ・Green Resilience によるハイブリッド型CSV の可能性 
    事例 3.デンタルサポート「 歯科・医科・介護の包括的アプローチ」
    ・産業クラスター形成を視野に入れたグローバル展開
 第3節 Virtual Team とCSV 

第2章:逆輸入・双方向型CSV(Reverse Innovation / Interactivity)
 第1節 リバース・イノベーション 
 第2節 逆輸入・双方向型CSV の事例 
    事例1.Fast Retailing (ユニクロ)
    ・新顧客の開拓とCSV  
    事例2.関西ペイント  
    ・環境と健康の両立例 
    事例3.Nestle
    ・CSV のパイオニアの挑戦
 第3節 制約下におけるイノベーションの創出

第3章:ブームタウン型CSV(Boomtown)
 第1節 ブームタウンとは 
 第2節 ブームタウン型CSV の事例 
    事例1.euglena
    ・分野横断性を発揮した国内外の社会課題の解決 
    事例2.未来機械 
    ・世界初の技術で太陽光パネル清掃プロセスの改革
    事例3.Yara International 
    ・農業成長回廊の例(SAGCOT)
 第3節 分野横断性と抽象的思考力(Abstract Thinking)
    ・サムソ島 ( デンマーク) の立役者 
    ・森林資源管理と巨大インフラ

第4章:モザイク型CSV(Mosaic)
 第1節 シーズとしてのモザイク型CSV  
 第2節 CSV とCSR 
 第3節 自治体におけるCSV マネジメント
 第4節 モザイク型CSV の事例:CUT Group
    ・自治体と情報 
 第5節 遠隔診療 ( オンライン診療) と多様なニーズ
    ・医療・福祉における分野横断性 
 第6節 社会課題に対する政府・自治体の動向 
 第7節 多様な世代の共生と役割付与の両立例 

<PART II> CSV の展開支援と社会的包摂
       多様な主体間の情報共有のあり方

第5章:働き方改革と学外ワークスタディ
 第1節 CSV の主要アクター「レジリエント企業」
 第2節 働き方改革への第一歩 
 第3節 CSV としての「学外ワークスタディ」の可能性
 第4節 再就職支援とCSV 
 第5節 CSV に資する「e ポートフォリオ」の方向性 
 第6節 Will-Skill マトリックス 
    ・「e ポートフォリオ」と高度人材育成支援の規定要因 
    ・改善から解決へ( チェンジ・エージェント機能の強化)

第6章:自治体の広域連携とe ポートフォリオ
 第1節 e ポートフォリオの応用可能性
 第2節 自治体でのSDGs 推進  
    ・SDGs 達成への準備(優先テーマの検討) 
    ・セグメント化( 4つの社会課題分類) の例  
 第3節 質的データ構築の概要図 
    ・“The Brand Pyramid” フレームワーク 
 第4節 自治体のe ポートフォリオ構成案  
    ・“Sources of Evidence”の構築手順例  
    ・e ポートフォリオ・システムの利用者分類 
    ・一般ユーザーの2 種類の役割
    ・各チームのメンバー交代 
 第5節 多様なステークホルダー間の情報共有基盤構築の方向性  
 第6節 CSV とSDGs を繋ぐコミュニケーション基盤  

図表一覧 
CSV 事例とSDGs の対応一覧表  

このページのトップへ

内容説明

地域社会と共有できる価値を見出すCSV経営と、国連が設定した持続可能な開発目標(SDGs)の両立事例の検討から、途上国・先進国で共通課題と認識されている社会的包摂達成の可能性を拓く。

【著者紹介】
近藤久美子(こんどう くみこ)
京都大学 特定准教授
学際融合教育研究推進センター(GSS)

Boston University College of Communication(2000)卒業
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士前期課程修了
京都大学大学院地球環境学舎博士後期課程修了
博士(地球環境学)(2006)

主要著書・論文
『企業のコミュニケーション能力
  ~仕事は単語, キャリアは言語, CSRとCSVは文法~』
  2013年7月 ナカニシヤ出版
“Fast Retailing's Creating Shared Value(CSV)Initiatives.”CaseBase 2: Case Studies in Global Business. Gale, Cengage Learning. June 2012
“Energy and Exergy Utilization Efficiencies in the Japanese Residential/Commercial Sectors.” Energy Policy 37. September 2009 他

このページのトップへ

関連書籍

企業のコミュニケーション能力

企業のコミュニケーション能力

企業観察を通じたキャリア形成のヒント

著者:近藤 久美子
 
 

このページのトップへ