ホーム > 教育の方法と技術

教育の方法と技術  新刊

学びを育てる教室の心理学

教育の方法と技術

アクティブラーニング,学習環境のデザイン,ICTの活用,教育の質的評価……,小中学から大学まで使える最新の教授法を詳しく解説

著者 田中 俊也
ジャンル 教育・文学 > 教育学
出版年月日 2017/10/20
ISBN 9784779512100
判型・ページ数 A5・212ページ
定価 本体2,000円+税
 

目次

 はじめに

第1章 教えること・学ぶこと

 1 学習と学び

 2 学習観,教授・指導観

 3 知識観

第2章 教えることの工夫と技術

 1 一斉指導

 2 学習者集団の特徴を踏まえた指導

 3 学習者自身の学習活動への関わりを意識した指導

 4 個別指導 

 5 ICTを活用した双方向的な授業の試み

 6 教えるということ

コラム1 おこりんぼものさしで感情コントロールを学ぶ

第3章 学びが育つ教授法

 1 アクティブラーニングとその背景

 2 なぜアクティブラーニングが必要なのか

 3 アクティブラーニングが抱える課題

 4 深い学びを促すアクティブラーニングの授業デザイン

 5 アクティブラーニングの手法

 6 アクティブラーニングの必然性

コラム2 「わかる」授業を通して「学び続ける」態度の育成に

第4章 学びを育てる環境

 1 学びを育む学習環境

 2 教室における学習環境デザイン

 3 図書館・ラーニング・コモンズにおける学習環境デザイン

 4 学習環境における学習支援のデザインを考える

 5 よりよい学習環境を作り続ける取り組み

コラム3 ?と!の声が響く授業

第5章 ICT活用の基本的理念

 1 ICT活用の目的

 2 教育へのICT活用とは

 3 ICT活用導入のこれまでの流れ 

 4 ICT活用の理論的基盤 

 5 ICT活用の実証的基盤 

コラム4 実感を持てる日本史授業の工夫

第6章 ICT活用の方法

 1 ICTで学ぶ

 2 教育方法としてのICTの活用

 3 コミュニケーションの可能性を広げる

 4 子どもの表現の可能性を広げる

 5 ICT活用の今後の姿 

第7章 教育評価

 1 教育評価とその種類 

 2 テスト 

 3 テスト得点による評価の種類 

 4 数値によらない評価の工夫 

 5 評価の対象とその活用 

第8章 教育活動を振り返るということ

 1 教育活動の振り返りの基礎 

 2 教育活動の振り返りを支える学びの理論  

 3 教育活動の振り返りのための方法論

 4 教育活動の振り返りに向けた実践 

コラム5 「そういうとこ嫌いやねん」

第9章 教育実践の質的研究方法

 1 質的研究の世界観  

 2 構造への接近  

 3 過程への接近  

 4 質的研究法の質の管理と保証 

このページのトップへ

内容説明

アクティブラーニング,学習環境のデザイン,ICTの活用,教育の質的評価……,小中学校から大学まで、今日の教育者に必要とされる教育技術を具体的に解説。教室で活きる最新の教授法を身につけるための標準的テキスト。


●著者紹介

■編者
田中俊也(たなか・としや)
名古屋大学大学院教育学研究科博士課程後期課程教育心理学専攻満期退学。
現職:関西大学文学部教授。博士(心理学:名古屋大学)
専門:教育心理学,認知心理学,教授・学習心理学。
著訳書:『思考の発達についての総合的研究』(関西大学出版部,2004年),『教育心理学[第3版]』〈ベーシック現代心理学6〉〔共著〕(有斐閣,2015年),『大学で学ぶということ――ゼミを通した学びのリエゾン』〔共著〕(ナカニシヤ出版,2015年),A.プリチャード/J.ウーラード『アクティブラーニングのための心理学――教室実践を支える構成主義と社会的学習理論』〔翻訳〕(北大路書房,2017年),他。


■章執筆者
田中俊也(たなか・としや)関西大学教授。博士。[担当]はじめに,第1章
﨑濱秀行(さきはま・ひでゆき)阪南大学教授。博士。[担当]第2章
森 朋子(もり・ともこ)関西大学教授。博士。[担当]第3章
岩﨑千晶(いわさき・ちあき)関西大学准教授。博士。[担当]第4章
森田泰介(もりた・たいすけ)東京理科大学准教授。博士。[担当]第5章
平山るみ(ひらやま・るみ)大阪音楽大学短期大学部准教授。修士。[担当]第6章
北野朋子(きたの・ともこ)関西大学非常勤講師。博士。[担当]第7章
山田嘉徳(やまだ・よしのり)大阪産業大学講師。博士。[担当]第8章
安田裕子(やすだ・ゆうこ)立命館大学准教授。博士。[担当]第9章

■コラム執筆者
小島美和(こじま・みわ)小学校教諭。修士。特別支援教育士(S.E.N.S)。学校心理士。[担当]コラム1
藤原 梓(ふじわら・あずさ)中学校社会科教諭。修士。[担当]コラム2
松下陽子(まつした・ようこ)元小学校教諭・新任研修指導員。[担当]コラム3
黒松成輝(くろまつ・しげき)高校地歴科(日本史)教諭。修士。[担当]コラム4
西澤晴香(にしざわ・はるか)臨床心理士・中学校勤務。修士。[担当]コラム5

このページのトップへ