ホーム > 功利主義の逆襲

功利主義の逆襲  新刊

功利主義の逆襲

ロールズ、ドゥオーキンらによる批判の集中砲火のなかで、功利主義は打破されたのか? 気鋭の論者たちが逆襲の狼煙を上げる。

著者 若松 良樹
ジャンル 哲学・倫理 > 哲学
哲学・倫理 > 倫理学
法律・政治 > 法学
法律・政治 > 政治学
法律・政治 > 法哲学・政治思想
出版年月日 2017/08/15
ISBN 9784779511899
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体3,500円+税
 

目次

 序章 功利主義の逆襲(若松良樹)

第Ⅰ部 反直観論法は成功しているか

 第一章 津波てんでんこと災害時における倫理(児玉聡)

 第二章 欲求か快楽か、快楽だとしてもどのような快楽か?(米村幸太郎)

 第三章 功利主義と優先主義――人格の別個性を切り口に(井上彰)

第Ⅱ部 功利主義の動学

 第四章 古典的功利主義における多数と少数(板井広明)

 第五章 功利主義教育論の可能性(小松佳代子)

 第六章 ミルにおける自由と効用(若松良樹)

第Ⅲ部 功利主義的な統治とは何か

 第七章 統治理論としての功利主義(安藤馨)

 第八章 応報主義と帰結主義の相剋(?)(安藤馨)

 第九章 功利主義と法――統治手段の相互関係(大屋雄裕)

あとがき
索引

このページのトップへ

内容説明

ロールズ、ノージック、ドゥオーキンらによる批判の集中砲火のなかで、功利主義は打破されたのか? 気鋭の論者たちが逆襲の狼煙を上げる。



●著者紹介
若松良樹
京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(法学)。学習院大学法務研究科教授。法哲学専攻。『センの正義論』(勁草書房)、『自由放任主義の乗り越え方』(勁草書房)、ほか。



児玉聡
京都大学大学院文学研究科教授

米村幸太郎
横浜国立大学大学院国際社会学研究科准教授

井上彰
東京大学大学院総合文化研究科准教授

板井広明
お茶の水女子大学ジェンダー研究所特任講師

小松佳代子
東京藝術大学美術学部准教授

安藤馨
神戸大学大学院法学研究科准教授

大屋雄裕
慶應義塾大学法学部教授

このページのトップへ

関連書籍

逞しきリベラリストとその批判者たち

逞しきリベラリストとその批判者たち

著書・キーワード別に解説する井上達夫入門

 
実践する政治哲学

実践する政治哲学

現代世界の難題に政治哲学が解答を与える。

 
 
ジェレミー・ベンサムの挑戦

ジェレミー・ベンサムの挑戦

幸福の計算を試みた功利主義の原点に迫る

 
立法学の哲学的再編

立法学の哲学的再編

より良き立法のための哲学的基盤を再構築。

著者:井上 達夫
 
 
ビジネス倫理の論じ方

ビジネス倫理の論じ方

ビジネスに「倫理」は問えるのか?

著者:佐藤 方宣
 
福祉の経済思想家たち

福祉の経済思想家たち

「良き社会」をめぐる経済学者たちの軌跡。

著者:小峯 敦
 
 

このページのトップへ