ホーム > 教師の協同を創る校内研修

教師の協同を創る校内研修  新刊

チーム学校の核づくり

教師の協同を創る校内研修

挑戦が許され新しいアイデアが生まれる活気あふれる教師の姿が日常的に見られる学校へ。それぞれの学校で取り入れられるヒントが満載

著者 杉江 修治
水谷 茂
ジャンル 教育・文学 > 教育学
出版年月日 2017/07/01
ISBN 9784779511752
判型・ページ数 A5・132ページ
定価 本体1,800円+税
 

目次

I 教師が共に育つ研修のポイント  
1 教師が育つ学校文化づくり  
(1)教師の協同  
(2)学校の課題設定  
(3)校内研修,OJT(On the Job Training)  
2 教師の協同を促す校内研修の要件  
(1)相互信頼の確認  
(2)共有できるテーマ設定と研修の構え  

II 教師が共に育つ研修の進め方  
1 事例としての城東小学校  
(1)リーダーの提案―城東小学校がめざす学びの学校づくり  
(2)実践研究の基本方針の共有  
(3)研究をどのように進めるか  
(4)効果的な校内研修の要件  
2 研究協議の進め方  
3 教師集団が一体となった若手教員成長支援研修  
(1)研修プログラム  
(2)協議の経過  
(3)実践の試み  
(4)成果の報告とその後  
4 学校を越えた教師の協同―地域一体の教員研修事例  
(1)犬山市の事例  
(2)他地区での小・中連携の研修事例  

◎ トピック 
1 中学校の事例  
2 校内研修を生かした実践の短期方針設定  
3 研究主任の思い  

◎ 資  料 
1 平成24年度の当初に実施した研修会の内容(平成24年4月12日)  
2 平成24年度 城東小学校の研究主題と各学年の研究主題・めざす子ども像   
3 平成24年度に実施した授業公開  
4 公開授業参観の視点の例  
5 学年研究の振り返り例(1年部会の年度末の振り返り)  
6 研究紀要『城東の里』の構成  
7 研究協議で用いたワークシートを用いた話し合いの内容(まとめ)  
8 平成24年度 授業研究会だよりの例  
9 研究紀要『城東の里』での実践のまとめの事例  

このページのトップへ

内容説明

教師の挑戦が許され、新しいアイデアが生まれ、それを交換しあう、という姿が日常的に見られる学校へ。協同的な学校づくりに成功した小学校の実践を中心に解説。それぞれの学校で取り入れられるヒントが満載。

著者紹介
杉江修治(すぎえ・しゅうじ)
中京大学国際教養学部教授
博士(教育心理学)
◎主な著書
『バズ学習の研究』(単著) 風間書房 1999
『大学授業を活性化する方法』(共著) 玉川大学出版部 2004
『協同学習入門』(単著) ナカニシヤ出版 2011
『協同学習がつくるアクティブラーニング』(単編著) 明治図書 2016


水谷 茂(みずたに・しげる)
名古屋学院大学講師
元愛知県公立小学校校長
◎主な著書
『自ら学ぶ力を育む教育文化の創造』(共著) 黎明書房 2005
『単元見通し学習への挑戦―子どもの主体的な学びを促す「学びのマップづくり」』(共監) 一粒書房 2011
『伝え合い高め合う城東の子―成就感を味わい,自己効力感を高める活動の充実』(共監) 一粒書房 2013

このページのトップへ

関連書籍

協同学習入門

協同学習入門

原理を学んで実践すれば、授業は変わる!

著者:杉江 修治
 
個に応じた学習集団の編成

個に応じた学習集団の編成

能力別指導、習熟度別指導、その実践と検証

 
 

このページのトップへ