ホーム > モダン京都

モダン京都  新刊

〈遊楽〉の空間文化誌

モダン京都

漱石や谷崎らが訪れた宿、花街や盛り場の景観。文学作品や地図、写真などをもとにモダン京都における遊楽の風景を再構成する。

著者 加藤 政洋
ジャンル 社会・文化 > 文化研究
地理学・人類学 > 地理学
京都本
出版年月日 2017/04/15
ISBN 9784779511660
判型・ページ数 4-6・244ページ
定価 本体2,200円+税
 

目次

序章 文学の風景を歩く

第一章 京の〈宿〉――《上木屋町》の文人たち
      一 御池大橋のたもとから
      二 席貸とは何か
      三 席貸の文人たち

第二章 席貸と文学のトポロジー
      一 「二人の独り者」の宿
      二 近代京都の旅館街
      三 文学作品のなかの席貸
      四 《祇園》周辺の宿

第三章 鴨川畔の山紫水明
      一 『暗夜行路』の宿
      二 歴史空間としての《東三本木》
      三 文人たちの宿

第四章 花街周辺の宴席文化――山猫・配膳・雇仲居
      一 《下河原》の山猫
      二 《真葛ケ原》の配膳
      三 席貸街の雇仲居
      四 変転する宴席文化

第五章 廓の景観と祭礼――《島原》の太夫道中をめぐって
      一 大門と見返り柳と
      二 《島原》の盛衰と太夫道中
      三 戦後の廓風景

第六章 祇園祭のねりもの――《祇園東》芸妓衆の仮装行列
      一 祇園祭と「ねりもの」
      二 近代期の断絶と復興
      三 戦後の再興と変革

第七章 鴨川納涼の空間文化史
      一 「納涼床」のある風景
      二 江戸期における四条河原の夕涼み
      三 明治期における納涼風景
      四 空間文化としての鴨川納涼

第八章 祇園はうれし酔ひざめの……――《祇園新橋》の強制疎開
      一 《祇園白川》の景
      二 枕の下はいずこ
      三 強制疎開の景観

第九章 「風流懺法」のあとさき――《真葛ケ原》の京饌寮
      一 京洛の漱石と虚子
      二 漱石、祇園に遊ぶ
      三 《真葛ケ原》の京饌寮

第十章 縁切りのトポスと「愛の空間」――安井金比羅宮とその周辺
      一 近松秋江の《安井》
      二 席貸街としての《安井》
      三 絶縁を攻囲する「愛の空間」

第十一章 紙屋川の料理茶屋――《平野》と《北野》のはざまで
      一 歴史空間としての平野門前通
      二 《平野》の巫女
      三 〈遊楽〉の系譜と空間

終章 〈地〉と〈図〉のあいだに


おもな登場人物一覧


このページのトップへ

内容説明

漱石や虚子、谷崎らが訪れた〈宿〉
花街や盛り場の景観の変遷……
文学作品や地図、写真などをもとに
モダン京都における〈遊楽〉の風景を再構成する。


●編者紹介
加藤政洋(かとう・まさひろ)
1995年富山大学文学部卒業、2000年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了、博士(文学)。現在、立命館大学文学部教員。主な著作に『敗戦と赤線――国策売春の時代』(光文社新書、2009年)、『那覇――戦後の都市復興と歓楽街』(フォレスト、2011年)などがある。

このページのトップへ