ホーム > 診療所の窓辺から

診療所の窓辺から  新刊

いのちを抱きしめる、四万十川のほとりにて

診療所の窓辺から

四万十から心あたたまるエッセーが届きました。朝日新聞購読者向け月刊誌『スタイルアサヒ』連載の大人気エッセー、待望の書籍化。

著者 小笠原 望
ジャンル 医療・看護・福祉
出版年月日 2017/04/15
ISBN 9784779511523
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,500円+税
 

内容説明

「小笠原医師が抱きしめた患者さんのいのちの記録。ちりばめられた川柳がこころを打つ。」

柏木哲夫(淀川キリスト教病院理事長、日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団理事長)

 


高知・四万十から、心あたたまるエッセーが届きました。

朝日新聞購読者向けの月刊誌『スタイルアサヒ』連載の大人気エッセー、待望の書籍化。


四万十川に架かる、橋のたもとの診療所。
移り変わる四季と、ドラマだらけの臨床に身を置いた
ひとりの医師が辿りついた境地――。
「ひとのいのちも自然のなかのもの」。
現在を生きるひと、すべてにかかわる「いのち」のシーンを、
柔らかに、しなやかに、描きます。


●著者紹介


小笠原望(おがさわら・のぞみ)
1951年高知県土佐市生まれ。 76年弘前大学医学部卒。高松赤十字病院などを経て97年大野内科(四万十市<旧中村市>)。2000年同院長。「かかりつけ医としての在宅医療、神経難病、こころのケア」に、「四万十のゲリラ医者」として活動中。

書籍の詳しい内容はこちら
http://www.asahi-family.com/s/

このページのトップへ