ホーム > 犯罪心理学

犯罪心理学  新刊

再犯防止とリスクアセスメントの科学

犯罪心理学

再犯研究、リスクアセスメント理論、分析ツールの構成手続きまで総合的に解説。矯正現場での経験を踏まえた筆致で実務家にも役立つ。

著者 森 丈弓
ジャンル 心理学
出版年月日 2017/03/15
ISBN 9784779511516
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体4,600円+税
 

目次

第1章 リスクアセスメントの現状及び理論
1.1 リスクアセスメントとは何か
Topic 1 犯罪者処遇の現場と再犯
1.2 リスクアセスメントの原則
Topic 2 処遇の逐次投入は良策か?

第2章 リスクアセスメント発展の歴史
2.1 第1世代のリスクアセスメント
2.2 第2世代のリスクアセスメント
Topic 3 官学連携のすゝめ
2.3 第3世代以後のリスクアセスメント
Topic 4 RNRからGLMへ?

第3章 少年用サービス水準 / ケースマネジメント目録について
3.1 少年用サービス水準 / ケースマネジメント目録の構成
3.2 YLS/CMIのリスク得点と仮想事例に基づく臨床像
3.3 スコアリングの基準について
3.4 YLS/CMIの信頼性及び妥当性に関する海外の研究例
Topic 5 法務省式ケースアセスメントツール(MJCA)

第4章 我が国の非行少年を対象としたYLS/CMIを用いた再犯分析
4.1 再犯分析の目的
4.2 再犯分析の分析の方法と手続き
4.3 再犯分析と課題及び仮説検証の結果
Topic 6 リスクアセスメントツールは必要か?

第5章 課題についての論考及び少年保護法制への示唆
5.1 非行性の検証について
Topic 7 再犯リスクに特化した査定のもつ意義
5.2 再犯とリスク段階の関係について
5.3 より正確なリスク段階の設定について
5.4 少年院処遇の効果検証について
5.5 各領域が再犯に与える影響の分析について
Topic 8 リスクアセスメントツールにおける動的リスク要因

第6章 プログラム評価と効果検証
6.1 プログラム評価
6.2 再犯防止に資するプログラム評価
6.3 犯罪者処遇における効果検証の実際
6.4 効果検証において注意すべき施策上の観点
Appendix 生存時間分析の数理
A.1 生存関数
A.2 ハザード関数
A.3 カプランマイヤー推定法
A.4 Coxの比例ハザードモデル
A.5 決定木による分析
Topic 9 統計学に必要な数学知識
A.6 確率関数・確率密度関数・分布関数

このページのトップへ

内容説明

エビデンスに基づいた施策の重要性が高まるなか、再犯研究、リスクアセスメントの理論、実際にリスクアセスメントツールを構成する手続きまで、詳しく解説。矯正現場での経験を踏まえた筆致で、実務家にも役立つ。

法務省、家庭裁判所、警察等で犯罪防止に携わりたいと考えている学生必携。

●著者紹介
森 丈弓(もり たけみ)
甲南女子大学人間科学部心理学科准教授
法務省仙台少年鑑別所法務技官,法務省盛岡少年鑑別所法務技官,統括専門官(考査担当)、いわき明星大学人文学部心理学科准教授を経て現職。
博士(文学) 東北大学(平成27年3月)
主要論文に,
Mori, T., Takahashi, M., &, Kroner, D. (2016). Can unstructured clinical risk judgment have incremental validity in the prediction of recidivism in a non-Western juvenile context? Psychological Service, 14(1), 77-86.
森 丈弓・高橋 哲・大渕 憲一 (2016). 再犯防止に効果的な矯正処遇の条件―リスク原則に焦点を当てて― 心理学研究, 87(4), 325-333.
森 丈弓・花田 百造 (2007). 少年鑑別所に入所した非行少年の再犯リスクに関する研究―split population modelによる分析 犯罪心理学研究, 44(2), 1-14.
など。

このページのトップへ