ホーム > 天地海人

天地海人  新刊

防災・減災えっせい辞典

天地海人

いつ起こるかわからない自然災害に常に備える心構えと災害後の未来に勇気を与える、天・地・海・人4部のエッセイとキーワード。

著者 矢守 克也
ジャンル 社会・文化
出版年月日 2017/01/20
ISBN 9784779511240
判型・ページ数 4-6・168ページ
定価 本体1,700円+税
 

目次

「天」の巻
1 オオカミ少年効果(空振り)  
2 特別警報  
3 時計の情報/地図の情報  
4 堤内地/堤外地  
5 とりあえず避難勧告  
6 大雨+地震=?  
7 災害情報のプレポスト・テスト  
8 「ああ,バスの屋根の上で一夜の災害」  
9 ダムと土嚢  
10 タイムライン防災  
11 地域気象情報  
12 トリプルスリー  
13 流行語に見る災害  
14 データの「深読み」  
15 あの日の天気  

「地」の巻
1 熊本地震を経験して(その1)  
2 熊本地震を経験して(その2)  
3 10年+10年としての阪神・淡路大震災  
4 地震サイエンスミュージアム  
5 地震計のある小学校  
6 想定内の中の想定外  
7 エイプリルフールの地震  
8 1.16と1.17  
9 コーヒー・山菜・カツオ缶詰  
10 阿武山アースダイバー  
11 合わせわざ  
12 緊急地震速報  
13 3つの90パーセント  
14 物語るモノと物言わぬモノ  
15 浅いアウトリーチ/深いアウトリーチ  

「海」の巻
1 津波てんでんこ  
2 2つの短歌と巨大想定  
3 カウントダウン/カウントアップ  
4 あの日の避難訓練  
5 思わぬときに,思わぬところで  
6 個別避難訓練タイムトライアル  
7 「逃げトレ」  
8 逃げ出す学校/逃げ込む学校  
9 自動車避難  
10 夜間避難訓練  
11 倍半分と桁違い  
12 固有名詞という災害情報  
13 形式的理想性/現実的実効性  
14 「~してください」と「~します」  
15 見えない災害遺構  

「人」の巻
1 正常性バイアスと心配性バイアス  
2 「正当にこわがる」/「正しく恐れる」  
3 〈順向〉と〈逆向〉――復興の時間  
4 災害の記憶のゆがみ  
5 事故の季節感  
6 天譴論  
7 「二度殺された」――復興の空間  
8 「世直し」と「立て直し」  
9 「千分の一」と「万分の一」  
10 状況論  
11 百年戦争と震災  
12 「想定外」を想定する他者  
13 「ふだん」と「まさか」の接点  
14 成功事例/失敗事例  
15 語り継ぎの間接化  

ミニコラム
1 「もう一つの短歌」  
2 「天災は忘れた頃にやってくる」  
3 アニヴァーサリーとアーカイヴ  

このページのトップへ

内容説明

いつ起こるかわからない大地震,規模はいつも想定外。あきらめずに常に備え,災害後も自分は新たな一歩を踏み出せるという展望をもてるために必要なこととは――過去と未来をつなぐ、天・地・海・人、4部のエッセイとキーワード。

●著者紹介
矢守克也(やもり かつや)
1988年 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学
現在,京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授・センター長
主著:
『防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション』(共著)ナカニシヤ出版
『クロスロード・ネクスト』(共著)ナカニシヤ出版
『防災人間科学』東京大学出版会
『アクションリサーチ』新曜社
『巨大災害のリスク・コミュニケーション』ミネルヴァ書房
『被災地 DAYS:時代 QUEST-災害編-』(共著)弘文堂
『現場でつくる減災学』(共編著)新曜社

このページのトップへ

関連書籍

〈生活防災〉のすすめ

〈生活防災〉のすすめ

明日また同じことを繰り返さないために。

著者:矢守 克也
 
クロスロード・ネクスト

クロスロード・ネクスト

感染症編、要援護者編等防災ゲームの新展開

 
 

このページのトップへ