ホーム > 特別支援教育を学ぶ[第3版]

特別支援教育を学ぶ[第3版]  新刊

特別支援教育を学ぶ[第3版]

制度の概要や障害の基礎をわかりやすくまとめた特別支援教育入門。教員養成段階での特別支援教育の学修の必修化の流れを受けた第3版

著者 岐阜大学教育学部特別支援教育研究会
坂本 裕 編集代表
ジャンル テキスト
心理学
心理学 > 教育
出版年月日 2016/08/01
ISBN 9784779510694
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体2,800円+税
 

目次

●主な内容
第1章 特別支援教育概論
第1節 わが国の障害児教育の変遷  
第2節 障害に関する国際的な動向  
第3節 特殊教育から特別支援教育への転換  
第4節 特別支援教育の概要  
第5節 インクルーシブ教育システムを支える特別支援教育  
第6節 特別支援教育の課題  

第2章 知的障害児の支援
第1節 心  理  
第2節 生  理  
第3節 病  理  
第4節 教  育  

第3章 肢体不自由児の支援
第1節 心理・生理・病理  
第2節 教  育  

第4章 病弱児の支援
第1節 心理・生理・病理  
第2節 教  育  

第5章 視覚障害児の支援
第1節 心理・生理・病理  
第2節 教  育  

第6章 聴覚障害児の支援
第1節 心理・生理・病理  
第2節 教  育  

第7章 言語障害児の支援
第1節 言語障害の特徴  
第2節 さまざまな言語障害  
第3節 通級による指導  

第8章 発達障害児の支援
第1節 発達障害をめぐる今日の状況  
第2節 通常の学級に在籍する発達障害児  
第3節 気になる・困った行動により示される子どもの教育的ニーズ  
第4節 通常の学級における特別な支援  
第5節 学校全体で取り組む教育的支援  

第9章 重度・重複障害児の支援
第1節 定義・概念  
第2節 教育的支援  

第10章 障害児心理学研究法
第1節 研究法の目的  
第2節「心」を考えること・「心」を測定すること 
第3節「心」の測定と尺度  
第4節 データの収集法  
第5節 測定された資料の分析と評価  
第6節 母集団と標本:無作為抽出と有意抽出  

第11章 教育臨床の実践
第1節 子どもとの関係
第2節 子どものニーズ
第3節 親の長い子育てから学ぶ
第4節 子どもの気持ち
第5節 柳戸サマースクールの実践から

第12章 特別支援学校における授業研究
第1節 授業研究による教育専門職としての高まりを  
第2節 学校としての,教師としての教育観の確立を  
第3節 ねがいの具体化としての授業づくりを  
第4節 イメージ・トレーニングとしての学習支援案の作成を 
第5節 専門性を高める活溌溌地な授業研究会の実施を

このページのトップへ

内容説明

制度の概要や様々な障害の基礎知識をわかりやすく解説する特別支援教育入門。教員養成段階での特別支援教育の学修の必修化、インクルーシブ教育システムの流れを受けた第3版。制度の変更や新しい法規、統計データの更新に対応。

【編集代表紹介】
坂本 裕(さかもと・ゆたか)
岐阜大学大学院教育学研究科准教授、博士(文学)

このページのトップへ