ホーム > 実践的な心理学の学びかた

実践的な心理学の学びかた  新刊

学びを通して成長する

実践的な心理学の学びかた

大学での学びに活かせる心理学の基礎・実習・研究・キャリアすべて網羅した入学から卒業までのスパンで存分に学べる新しいテキスト。

著者 大橋 靖史
神 信人
ジャンル テキスト
心理学
心理学 > 概論
出版年月日 2016/03/30
ISBN 9784779510410
判型・ページ数 B5・224ページ
定価 本体2,500円+税
 

目次

第I部 大学での学びを心理学的に理解する
1章 「大学での学び」にあたって―悩ミノススメ―
1.高校から大学へ―移行期の心理―  
2.新しいものになじめない時  
3.大人になるということ  
4.内にある力  
【コラム1 臨床心理学】
【コラム2 発達心理学】

2章 コミュニケーションすること
1.コミュニケーションとは  
2.コミュニケーションにおいて伝達すること  
3.コミュニケーションにおける関係性  

3章 覚えること,思い出すこと
1.覚えること  
2.思い出すこと  
3.よりよく記憶するためのテクニック  
【コラム3 認知心理学】

4章 分かるように伝えること
1.2種類の「分かる」  
2.情報をつなげる  
3.聞き手の認知処理過程について理解する  
4.視覚刺激を利用する  
【コラム4 教育心理学】

5章 みんなとともに学ぶこと
1.ブレーン・ストーミング  
2.社会的手抜き―“怠け”の真相―  
3.おわりに 
【コラム5 社会心理学】

第II部 実習の背景にある考え方を学ぶ
6章 量的研究の考え方―実験と調査―
1.研究の科学性  
2.実証研究  
3.科学的な方法と追試の重要性  

7章 量的データを分析する道具
1.なぜ統計を用いるのか―2種類の統計―  
2.記述統計  
3.推測統計  
【コラム6 算数でつまずいてしまった人でも統計を学ぶために】
【コラム7 統計ソフトの使い方】

8章 質的研究の考え方
1.質的研究の世界観・人間観  
2.質的研究の背景となる考え方  
3.質的研究における対話の重要性  

9章 心理検査の考え方
1.心理アセスメントとは  
2.量的な考えに基づく心理検査  
3.量的な考えに基づく心理検査の分類  
4.質的な考えに基づく心理検査  
5.実践的な心理アセスメント  

第III部 自らテーマを選び自分の力で研究する
10章 研究テーマを選ぶ
1.テーマの選び方  
2.資料の集め方  
3.資料の読み方  
【コラム8 図書館を活用する】
【コラム9 データベース・検索ツールを活用する】

11章 量的研究の計画と方法
1.目的を立てる,仮説を立てる  
2.研究計画を立てる  
3.研究準備  
4.分析の手順 
5.タイムスケジュール  
【コラム10 研究の倫理】

12章 質的研究の研究計画と方法
1.研究計画の立て方  
2.質的データの収集方法  
3.質的データのまとめ方  
4.代表的な質的分析法  
5.質的研究の質を高めるために  
6.最後に―質的研究を体験する―  
【コラム11 事例研究(ケース研究)】

13章 レポート・論文にまとめる
1.レポート・論文のスタイル 
2.論理的・説得的な文章の書き方  
3.レポート・論文の書式  
4.文献の掲載方法  
5.レポートや論文を点検・推敲する  
6.文献研究  
【コラム12 盗作・剽窃を防ぐ】

第IV部 心理学をこれからの人生に活かしていく
14章 就職活動に心理学を活かす
1.キャリア・カウンセリング 
2.応用心理学を仕事に役立てる  
3.心理学の方法論を活かす  
4.心理学のコミュニケーションスキルを活かす  
5.おわりに  
【コラム13 心理学と資格】
【コラム14 生きるための方法としての心理学】

15章 心理専門職として働く
1.大学院に進む  
2.臨床心理学を活かす  
3.臨床発達心理学を活かす  
4.臨床心理士や臨床発達心理士の活躍の場  
5.臨床心理士や臨床発達心理士として働く先輩の声  
【コラム15 心理系公務員の仕事と受験】
【コラム16 大学院における実習】
【コラム17 公認心理師法の成立】

16章 ライフワークとしての心理専門職―自分問題と私たちが生きる時代を見つめること―
1.無知や不足を意識し続ける師と出会うこと  
2.生きるとは,自分の物語をつくること  
3.共に学び,共に生きるということ  
4.一生学び続ける姿勢  
5.私たちはどのような時代を生きるか  
6.最 後 に  
【コラム18 女性のライフサイクル】

このページのトップへ

内容説明

大学での学びや人間関係に活かせる心理学の基礎、心理学実習の背景にある考え方を学び、実際に研究する。さらに心理学をこれからの人生に活かしていくとはどういうことか。入学から卒業までのスパンで心理学を存分に学べる新しいテキスト。


●著者紹介
大橋靖史(おおはし・やすし)
淑徳大学総合福祉学部実践心理学科教授

神 信人(じん・のぶひと)
淑徳大学総合福祉学部実践心理学科教授

このページのトップへ