ホーム > 日本の動物政策

日本の動物政策

日本の動物政策

愛玩動物から野生動物、動物園動物、実験動物、畜産動物まで、日本の動物政策、動物行政の現状をトータルに解説する決定版。

著者 打越 綾子
ジャンル 法律・政治 > 政治学
社会・文化 > 社会学
出版年月日 2016/03/31
ISBN 9784779510519
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体3,500円+税
 

目次

序 章
   1.政策と政策学
   2.本書の分析枠組み
   3.本書の構成、課題と意義

第1章 愛玩動物
      ――感情と理性に橋を架ける
   はじめに
   1.動物愛護管理政策の構造
   2.自治体における動物愛護管理行政
   3.動物愛護管理行政に関する自治体調査の結果報告
   4.行政と民間の協働を目指して――神戸市とCCクロ
   おわりに

第2章 野生動物
      ――専門知と地域社会の連携を模索する
   はじめに
   1.野生動物保護管理に関わる法制度
   2.野生動物保護管理に関わる専門知
   3.専門知と地域社会
   4.絶滅危惧種としてのツシマヤマネコ保全
   5.軽井沢町における合意形成・協働活動
   おわりに

第3章 動物園動物
      ――生息地と身近な地域をつなぐ
   はじめに
   1.動物園に関わる法制度
   2.動物園の努力と議論の深化
   3.小諸市動物園の取り組み
   4.動物園改革に向けて(社会科学的見地から)
   おわりに

第4章 実験動物
      ――科学と倫理のせめぎ合いに向き合う
   はじめに
   1.動物実験に関わる構造
   2.動物実験に関する議論・評価
   3.現存御制度をめぐる解釈と課題
   おわりに

第5章 畜産動物
      ――生産から消費までのプロセスを理解する
   はじめに
   1.動物の生産・飼育に関わる論点
   2.衛生管理・食肉検査に関わる論点
   3.産業(経営・貿易・流通・消費)に関わる論点
   おわりに

終 章
   1.動物愛護概念の再認識
   2.自然科学と人文・社会科学の連携の必要性
   3.合意形成の重要性

参考文献
謝辞
索引

このページのトップへ

内容説明

愛玩動物から野生動物、動物園動物、実験動物、畜産動物まで、日本の動物政策、動物行政の現状および今後の展望をトータルに解説する決定版。動物好きの人、動物関係の仕事についている人必携の一冊。

●著者紹介
打越綾子(うちこし あやこ)
東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科博士(法学)学位取得。現在、成城大学法学部教授(行政学・地域自治論)。軽井沢野生動物問題研究会クロス理事長、環境省中央環境審議会動物愛護部会臨時委員。動物政策に関する論文多数。著書に『自治体における企画と調整』(日本評論社、2004年)など。

このページのトップへ