ホーム > 他者論的転回

他者論的転回

宗教と公共空間

他者論的転回

公共空間から排除された者たちの公共性はいかにして可能か。他者と共存する複数性の領域として公共性を批判的に捉え返す試み。

著者 磯前 順一
川村 覚文
ジャンル 哲学・倫理 > 宗教学
出版年月日 2016/03/15
ISBN 9784779510380
判型・ページ数 A5・408ページ
定価 本体3,800円+税
 

目次

 はじめに
   他者論的転回(磯前順一)

 序 章 複数性の森にこだまする神々の声
       天皇・国民・賤民について(磯前順一)

第Ⅰ部 排除する公共性

 第一章 植民地朝鮮の神社に祀られなかった神々
       宗教的な法的秩序の内と外(青野正明)

 第二章 神国と排除
       日本中世から考える(片岡耕平)

 第三章 祀られざる神の行方
       神話化する現代日本(磯前順一)

第Ⅱ部 法的なものと排除
 
 第四章 フランスにおける「承認のライシテ」とその両義性
       ムスリムの声は聞こえているか(伊達聖伸)

 第五章 宗教、自由と公共性
       靖国参拝違憲訴訟を考える(鍾以江)

 第六章 公共性と犠牲
       十字架の神学を手掛かりに(宮本新)

第Ⅲ部 排除される者たちの公共性

 第七章 福島原発災害への仏教の関わり
       公共的な機能の再発見の試み(島薗進)

 第八章 「臨床宗教師」の誕生
       公共空間における宗教者のあり方(鈴木岩弓)

 第九章 〈ラルシュ〉で生きる『人間の条件』
       ヴァニエ、アレント、クリステヴァ――異邦人は招く(寺戸淳子)

 終 章 國體・主権・公共圏
       公共性の(不)可能性について(川村覚文)

 おわりに(川村覚文)

このページのトップへ

内容説明

公共空間から排除された者たちの公共性はいかにして可能か。他者と共存する複数性の領域として公共性を批判的に捉え返す試み。


●著者紹介
磯前順一(いそまえ・じゅんいち)
国際日本文化研究センター教授。東京大学博士(文学)。専攻は宗教・歴史研究。主な著書に、『死者のざわめき――被災地信仰論』(河出書房新社、2015年)、『閾の思考――他者・外部性・故郷』(法政大学出版局、2013年)など。

川村覚文(かわむら・さとふみ)
東京大学共生のための国際哲学研究センター上廣特任助教。オーストラリア国立大学博士。専攻は近代日本思想史、文化理論。『ポスト代表制の政治学』(分担執筆、ナカニシヤ出版、2015年)など。



青野正明(あおの・まさあき)
桃山学院大学国際教養学部教授。近代日朝関係史。

片岡耕平(かたおか・こうへい)
国文学研究資料館プロジェクト研究員。日本中世史。

伊達聖伸(だて・きよのぶ)
上智大学外国語学部フランス語学科准教授。宗教学、フランス語圏地域研究。

鍾以江(Yijiang ZHONG)
東京大学東洋文化研究所特任准教授。近世近代日本思想、文化史。

宮本新(みやもと・あらた)
日本ルーテル神学校講師。日本福音ルーテル田園調布教会牧師。キリスト教神学、組織神学。

島薗進(しまぞの・すすむ)
上智大学グリーフケア研究所所長。東京大学名誉教授。近代日本宗教史、宗教理論研究。

鈴木岩弓(すずき・いわゆみ)
東北大学大学院文学研究科教授。宗教民俗学、死生学。

寺戸淳子(てらど・じゅんこ)
専修大学等兼任講師。宗教人類学。

このページのトップへ