ホーム > 改訂 新日本山岳誌

改訂 新日本山岳誌

改訂 新日本山岳誌

日本全国4000山の最新情報を網羅した「山のエンサイクロペディア」待望の改訂! 日本山岳会創立110周年記念出版。

著者 日本山岳会 編著
ジャンル 地理学・人類学 > 地理学
山・旅
その他 > 実用書
出版年月日 2016/04/30
ISBN 9784779509957
判型・ページ数 菊判・2016ページ
定価 本体18,000円+税
 

内容説明

日本山岳会創立とほぼ時を同じくして明治39(1906)年、第二代会長・高頭 式(たかとう・しょく)によって上梓された、本邦初の山岳百科事典『日本山嶽誌』。

その伝統を受け継ぎ10年前、小社より『新日本山岳誌』を刊行し、読者のみなさまには多大なご好評をいただきました。

今回、山にまつわるすべての情報を再確認・検証し、最新情報に書き改めた改訂版を刊行いたします。

 

こちらの 「ショッピングカート」 よりご注文ください

 

◆ギフト包装いたします。ご贈答用にも最適です

 (無料。備考欄にご記入ください。)

 


本書の構成と、注文書はこちら(PDF)

こちらの注文書で最寄りの書店様にてご注文いただけます

 

 

《改訂版の特色》 本文見本はこちら(PDF)

震災等で日本の山々が動き、山の所在を示す緯度・経度・標高等々の数値がおどろくほど変わりました。国土地理院の最新データによって書き改めました。

震災、噴火、水害等々で、山の自然環境も変わりました。登山道に崩壊や障害がないかを現場で確認し、交通アクセスと登山口・下山口も確かめたうえで、コースを書き改めました。

初版では掲載できなかった山を再検討し、登山に適した上りやすい山を、あらためて地図や写真とともに増補掲載しました。

初版の平成17(2005)年11月以降の全国の市町村合併による地名変更をすべて改めました。

日本の山々と自然のすばらしさが世界に認められたことで、「世界遺産」への登録や「世界ジオパーク」への認定がありましたので、一節を設けて、解説を加えました。

登山コースに沿った登路図は、本文との整合性を見直し、より見やすく書き改めました。また、各山ごとに国土地理院の2.5万図の図幅名を示しました。そして各山の「登路」で紹介した所要時間(コース・タイム)も見直して改めました。

このページのトップへ

関連書籍

ヒマラヤの東 山岳地図帳 East of the Himalaya Mountain Peak Maps

ヒマラヤの東 山岳地図帳 East of the Himalaya Mountain Peak Maps

地球最後の未知の大地の全貌が今あきらかに

著者:中村 保
 
インド・ヒマラヤ

インド・ヒマラヤ

日本初のインド・ヒマラヤ最新登山記録集成

著者:日本山岳会東海支部 編著
 
 

このページのトップへ