ホーム > 医療事前指示書

医療事前指示書

私への医療・私の終末期はこうしてほしい

医療事前指示書

私への医療・私の終末期に対する処置に対する要望を,清明な今から事前に準備しておくことが自らの尊厳ある人生を決定づけます。

著者 スーディ神崎和代
竹生 礼子
鹿内 あずさ
御厩 美登里
ジャンル 医療・看護・福祉
出版年月日 2016/02/20
ISBN 9784779510236
判型・ページ数 B5・98ページ
定価 本体1,800円+税
 

目次

第1部
はじめに
私への医療と私の終末期に関する意思と願い
記入のためのアドバイス
1.終末期を迎える際の説明について
2.終末期を迎えたことを,誰から伝えてほしいですか
3.終末期を過ごす場所について
4.自宅や施設で終末期を過ごす際の,緊急時の対応について
5.痛みや息苦しさについて
6.口から食べられなくなった時について(栄養をとるための方法)
7.十分な水を口から飲めなくなった時について(水分をとるための方法)
8.感染症になった時の,薬物の使用について
9.高熱がある時について
10.呼吸が苦しくなった時について
11.意識が低下した時について
12.呼吸が止まった時について
13.その他の終末期医療について
14.医療委任状
15.この事前指示書について,伝えた人の一覧
16.主治医や医療・介護の施設,日頃お世話になっている方の連絡先リスト
17.家族の連絡先リスト
18.献体の希望について
19.病理解剖の希望について
これまでの病気や治療に関するメモ
メモ

第2部 家族や友人へのお願い:終末期について伝えておきたいこと
はじめに
1.私らしさを表すことがら
2.旅立つ前にぜひ会いたい人の一覧表
3.最後にどうやって送り出してほしいかについて
4.弁護士や司法書士の連絡先
5.遺言について
6.銀行などリスト
メモ
事前指示書の作成日・証人の署名
加除用フォーム(5部)

謝  辞
参考文献
索  引
著者紹介

このページのトップへ

内容説明

私への医療・私の終末期に対する処置に対する要望を,清明な今から事前に意思表示して準備しておくことが自らの尊厳ある人生を決定づけます。自分の命のことは自分が決めるという,当たり前のことを書面で残しておくことが非常に大切です。

●著者紹介
スーディ神崎和代(すーでぃ かんざき かずよ)
筑波大学大学院博士課程(ヒューマンケア科学)修了(2011年)
博士 ヒューマンケア科学
現在 札幌市立大学大学院教授
主著 在宅死を可能にするための在宅ケア基盤づくりの方略(2015年 地域ケアリング, 17(6), 42-47.)(筆頭)
異分野連合・融合による超高齢社会支援(2015年度 日本機械学会学術集会誌 DVD,  1-5)
在宅看護学講座(編著 2012年 ナカニシヤ出版) 他

竹生礼子(たけう れいこ)
北海道医療大学大学院修士課程(看護学)修了(2006年)
現在 北海道医療大学看護福祉学部准教授
主著 在宅療養指導とナーシングケア6 退院から在宅まで(共著 2006年 宮崎歌代子・鹿渡登史子編 医歯薬出版)
すぐに役立つがん患者緩和ケアにおけるコメディカルの技とコツ(共著 2009年 並木昭義監修 川股知之編集 真興交易(株)医書出版部)
日本における1990年以降の在宅死と病院死に関連する要因の文献的検討(2008年 日本地域看護学会誌, 11(1), 87-92.) 他

鹿内あずさ(しかない あずさ)
北海道医療大学大学院修士課程(看護学)修了(2002年)
現在 北海道文教大学人間科学部看護学科准教授
主著 在宅看護学講座(共著 2012年 ナカニシヤ出版)
長期人工呼吸器患者のケア 第20回実践報告④「在宅人工呼吸ケア」 呼吸器ケア, pp.1-7. (単著 2011年 メディカ出版)
地域看護専門看護師リレー・エッセー コミュニティで輝く「地域の人々が元気でいきるために今居る場所で自身ができることをする」コミュニティケア(単著 2012年 日本看護協会出版会) 他

御厩美登里(みまや みどり)
北海道医療大学大学院修士課程(看護学)修了(2013年)
現在 札幌市立大学看護学部助手
主著 在宅死を可能にするための在宅ケア基盤づくりの方略(2015年 地域ケアリング, 17(6), 42-47.)
訪問看護におけるスタッフ教育に関する文献的考察(2014年 北海道医療大学看護福祉学部学会誌, 10(1), 49-55.)
訪問看護師の職務継続意向に関する要因―同僚間コミュニケーションと関連職種とのコミュニケーションに焦点をあてて(2014年 日本地域看護学会誌, 17(1), 32-39.) 他

このページのトップへ