ホーム > 認知症の人と創るケアの世界

認知症の人と創るケアの世界

日本とドイツの試み

認知症の人と創るケアの世界

一方通行の介護を超え、共につくる「ケア」の関係へ。日本とドイツそれぞれの福祉制度から現場の取組みまで総合的に紹介する。

著者 豊田 謙二
ジャンル 医療・看護・福祉
出版年月日 2015/11/10
ISBN 9784779509889
判型・ページ数 A5・204ページ
定価 本体2,400円+税
 

目次

 はじめに 

第1章 認知症の人はどこに住むのか

第2章 認知症の人を巡る社会的支援と家族

第3章 認知症の若い人における就労と活動

第4章 認知症ケアと介護保険

第5章 認知症の人と成年後見,あるいはドイツの世話制度

第6章 「死」の看取り,その看取りへの協働

 むすびに

このページのトップへ

内容説明

認知症の人の生きる喜びの喪失を防ぐため、一方通行の介護を超え、共につくる「ケア」の関係を探求。日本とドイツそれぞれの福祉制度から現場の取組みまで総合的に紹介する。


●著者紹介
豊田謙二(とよた・けんじ)
 1980年 名古屋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。(専攻/社会政策・地域計画)
 現 在 熊本学園大学社会福祉学部教授・博士。NPO福祉用具ネット理事長,NPO法人ふくおか自然環境保護協会理事長。
 著 書 『一人ひとりの社会福祉』(ナカニシヤ出版,2014年),『九州・沖縄 食文化の十字路』(築地書館,2009年),『質を保障する時代の公共性』(ナカニシヤ出版,2004年),『ウェルビーイングからの生活環境づくり』〔編〕(ナカニシヤ出版,2010年),『「宅老所よりあい」解体新書』〔共著〕(雲母書房,2009年),他多数。

このページのトップへ