ホーム > コミュニケーション研究のデータ解析

コミュニケーション研究のデータ解析

コミュニケーション研究のデータ解析

統計理論と実際のデータ解析をユーザー視点からバランスよく解説。社会調査士E科目のテキストとしても最適。多変量解析初級~中級。

著者 田崎 勝也 編著
ジャンル 心理学 > 社会
心理学 > 心理統計
社会・文化 > 社会統計
数理・統計学
出版年月日 2015/08/30
ISBN 9784779509698
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体3,200円+税
 

目次

まえがき

第1章 2要因分散分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.ソフトの使用方法
4.結果の解釈
5.おわりに

第2章 対応のあるt検定と分散分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.分析例とソフトの使用方法
4.おわりに

第3章 相関と回帰分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.分析例
4.おわりに

第4章 重回帰分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.分析例
4.おわりに

第5章 適性処遇交互作用(ATI)
1.はじめに
2.適性処遇交互作用(ATI)
3.ATI分析の実例
4.おわりに

第6章 パス解析
1.はじめに
2.因果関係を探る統計的分析の手法
3.パス解析観測変数のSEM
4.パス解析の様々なモデル
5.パス解析の実例
6.おわりに

第7章 探索的因子分析
1.因子分析とは
2.分析の前に
3.アイスクリームの嗜好分析
4.下位尺度と因子得点
5.おわりに

第8章 確証的因子分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.確証的因子分析の例
4.おわりに

第9章 共分散構造分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.ソフトの使用方法と分析例
4.結果の解釈
5.おわりに

第10章 確証的因子分析による多特性・多方法行列の検証
1.はじめに
2.理論的背景
3.分析例
4.おわりに

第11章 分散分析を用いたDIF分析
1.はじめに
2.DIF の理論的背景
3.DIFの統計的分析
4.おわりに

第12章 多母集団を対象にした因子構造分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.ソフトの使用方法と分析例
4.おわりに

第13章 クラスター分析
1.はじめに
2.理論的背景
3.統計ソフトの使用法
4.結果の解釈
5.クラスター分析の発展
6.おわりに

第14章 計量的テキスト分析の基礎
1.はじめに
2.テキストマイニングの概要
3.テキストマイニングによるデータ分析
4.テキストマイニングの実践例頻出語の自動抽出を中心に
5.おわりに

第15章 計量的テキスト分析の応用
1.はじめに
2.データとしての既存文書と自由回答
3.テキストの多変量解析
4.おわりに


付録
索引

このページのトップへ

内容説明


練習用サンプルデータ(本書のローデータ)がございます。
ご希望のかたは、manual[at]nakanishiya.co.jp まで、 本書の書名・ご氏名・ご所属を明記のうえ、お問い合わせください。[at]は@に置換してご送信 ください。なおデータは、専用ソフト(1~13章はSPSS、15章はText Mining Studio)を必要とします(ソフトがないと開くことができません)のでご注意下さい。


 

コミュニケーションの量的な調査や実験を扱うすべての研究のために,統計理論と実際のデータ解析をユーザーの視点からバランスよく解説。多変量解析の初級~中級。社会調査士(E科目)のテキストとしても最適。

●著者紹介
田崎勝也(たさき かつや)
米国ハワイ大学大学院教育心理学研究科博士課程修了(2001)Ph.D.
現在,青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科教授

このページのトップへ

関連書籍

コミュニケーション研究法

コミュニケーション研究法

実験法や質問紙法など多彩な研究手法を網羅

 
社会科学のための文化比較の方法

社会科学のための文化比較の方法

調査・質問項目に潜むバイアスを検証する

著者:田崎 勝也
 
 

このページのトップへ