ホーム > 白く高き山々へ

白く高き山々へ

六十歳からの青春――アルプス登山と語学留学の奨め

白く高き山々へ

アルプス登山やドイツ語留学、アルプホルンを楽しむ中で得た友との交流やヨーロッパの旅。60歳からの青春を謳歌する人生の極意。

著者 村中 征也
ジャンル 山・旅
出版年月日 2015/08/30
ISBN 9784779509797
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体1,500円+税
 

目次

出版によせて

はじめに

口絵カラー

第1部 白く高き山々へ

 第1章 アルプス登山の奨め

 第2章 スケッチブックとアルプスの旅

 第3章 スイスは第二の故郷

口絵カラー

第2部 六十歳からの青春

 第1章 老年留学の奨め

 第2章 ドイツ国内と周辺の旅

 第3章 友ありてこそ旅は楽し

 第4章 アルプホルンに魅せられて

あとがき

参考図書一覧

著者プロフィール

このページのトップへ

内容説明

夢を持ち、目標を立て、計画し、実行に移したアルプス登山やドイツ語留学。この中で得た若き友とヨーロッパを旅し、スイスを巡ってアルプホルンに魅せられて日本、世界を駆け巡った、60歳からの青春の奨め。


●著者紹介
村中征也(むらなか・せいや)
1939年8月三重県伊勢市生まれ。
1958年東海銀行に入行、32年間勤務。
1958年に登山を始め、1962年東海銀行山岳部設立と同時に入部。
1965年愛知県山岳連盟常任理事・会計を3年間担当。
1992年日本山岳会に入会、東海支部常務委員を担当。
1997年にアルプスに登山、以後計7回訪れる。
2000年にドイツ・ミュンヘンの語学学校に8か月間留学。
2001年に長野県大桑アルプホルンクラブに入会、2009年名古屋支部を設立、代表を4年間担当。

このページのトップへ