ホーム > 学校と教師を変える小中一貫教育

学校と教師を変える小中一貫教育

教育政策と授業論の観点から

学校と教師を変える小中一貫教育

2014年末中教審答申により新しい段階に入った小中一貫教育。これまでの成果と課題、具体的な授業作りから描くあるべき学校の姿。

著者 西川 信廣
牛瀧 文宏
ジャンル 教育・文学 > 教育学
教育・文学 > 初等・中等教育
出版年月日 2015/06/15
ISBN 9784779509643
判型・ページ数 A5・126ページ
定価 本体2,300円+税
 

目次

はじめに  

第I部 教育政策の観点から

第1章 小中一貫教育の新しい動き
1.1 小中一貫教育の15年  
1.2 教育再生実行会議第5次提言と小中一貫教育  

第2章 調査から見る小中一貫教育の実態と課題
2.1 文科省小中一貫教育等についての実態調査から  
2.2 施設一体型小中一貫校の実態と課題  
2.3 施設一体型小中一貫教育校から見る義務教育学校の多様性と公正性  

第3章 小中一貫教育とコミュニティ・スクール
3.1 コミュニティ・スクールとは何か  
3.2 コミュニティ・スクールのタイプ―関東型と関西型―  
3.3 小中一貫教育とコミュニティ・スクール  

第4章 教育政策としての小中一貫教育
4.1 課題解決としての小中一貫教育  
4.2 学校統廃合と小中一貫教育  
4.3 地域とともにある学校づくりと小中一貫教育  
4.4 教師の指導力向上と小中一貫教育  
4.5 義務教育の多様化と小中一貫教育  
4.6 中教審2014年12月答申と小中一貫教育  

第II部 授業論の観点から

第5章 第II部をはじめるにあたって
5.1 分数指導の例から  
5.2 小中一貫教育と学力向上  

第6章 算数科・数学科における小中一貫教育のためのカリキュラムづくり
6.1 小中一貫教育は「中1ギャップの解消」に留まるのか  
6.2 「教科」の捉え方  
6.3 小中一貫での「理数教育」  

第7章 算数科・数学科における小中一貫教育のための授業づくり
7.1 授業のスタイル  
7.2 授業づくりへのヒント  

あとがき  
索  引

このページのトップへ

内容説明

2014年末の中教審答申により、本格的な展開に向け新しい段階に入った小中一貫教育。第1部でこれまでの取り組みの成果と課題をまとめ、第2部で算数科・数学科を題材に授業のあり方を具体的に論述。目指すべき学校を描く。

●著者紹介
西川信廣(にしかわ・のぶひろ)
京都産業大学文化学部教授。1982年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。主著に,『改訂版 学生のための教育学』(編著)『小中一貫(連携)教育の理論と方法』(共著)『習熟度別指導・小中一貫教育の理念と実践』(以上ナカニシヤ出版),『学校再生への挑戦』(編著,福村出版),『教育のパラダイム転換』(共編著,福村出版)など。

牛瀧文宏(うしたき・ふみひろ)
京都産業大学理学部教授。理学博士。1991年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了。『なっとくする演習・行列 ベクトル』『快感!算数力』『快感!算数力 ハイパー』「ドラゴン桜式 算数・数学ドリルシリーズ(全6巻)」『初歩からの線形代数』(以上講談社),『これでわかる パパとママが子どもに算数を教える本』『「算数の教え方」がわかる本』(監修,メイツ出版),『小中一貫(連携)教育の理論と方法』(共著,ナカニシヤ出版),『Current Trends Transformation Groups』(編著,Springer)など著作多数。

●正誤表
出版にあたっては細心の注意をはらっておりますが、至らず以下の諸点においてミスが生じております。お手数をおかけいたしますが修正していただけますようお願いいたします。

●64頁の下から4行目の式

誤 4/5 ÷ 6=4×3 / 5×3 ÷ 6=12÷3 / 15=4/15

正 4/5 ÷ 6=4×3 / 5×3 ÷ 6=12÷6 / 15=2/15

 

●背文字(表紙とカバー)

誤 「教育」

正 「教師」

*背文字の誤植につきましては、初刷刊行直後に発覚し回収、修正したうえで出荷いたしましたが、ごく一部に誤植が残っている商品がございます。誠にお手数ですが、着払いにて小社営業部までお送りいただければ良品と交換いたします。何卒よろしくお願いいたします。

このページのトップへ

関連書籍

改訂版 学生のための教育学

改訂版 学生のための教育学

情報モラル教育の追加など新たな課題に対応

 
小中一貫(連携)教育の理論と方法

小中一貫(連携)教育の理論と方法

学力向上のための、効果的な取り組みとは?

 
 
習熟度別指導・小中一貫教育の理念と実践

習熟度別指導・小中一貫教育の理念と実践

その先駆的な取り組みの全貌と評価・考察

著者:西川 信廣
 
 

このページのトップへ