ホーム > 観光学ガイドブック

観光学ガイドブック

新しい知的領野への旅立ち

観光学ガイドブック

観光学ってどんな学問? どう研究するの? そんな疑問を解決すべく、方法論や観光事象をわかりやすくまとめた絶好の入門書。

著者 大橋 昭一
橋本 和也
遠藤 英樹
神田 孝治
ジャンル テキスト
地理学・人類学 > 観光学
教養・共通科目 > 教養科目
出版年月日 2014/04/30
ISBN 9784779508264
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体2,800円+税
 

目次

 はしがき

第Ⅰ部 観光学への招待
 1.観光とは何か
 2.観光学はどのようなものか
 3.近代的観光の発展
 4.ポストモダン社会と観光

第Ⅱ部 観光学の諸領域
 1.人類学の視点
 2.社会学の視点
 3.地理学の視点
 4.民俗学の視点
 5.歴史学の視点
 6.心理学の視点
 7.情報学の視点
 8.教育学の視点
 9.経営学の視点
 10.経済学の視点
 11.政治学の視点
 12.政策学の視点

第Ⅲ部 観光学のポイント
 1.観光客のまなざし
 2.真正性
 3.伝統の創造
 4.ディズニーランド化
 5.メディア
 6.観光経験
 7.パフォーマンス
 8.ホスピタリティ
 9.遊び
 10.ジェンダー
 11.ポストコロニアリズム
 12.観光まちづくり

第Ⅳ部 観光の諸相
 1.エコツーリズム
 2.グリーンツーリズム
 3.フィルムツーリズム
 4.アニメツーリズム
 5.アートツーリズム
 6.アーバンツーリズム
 7.宗教ツーリズム
 8.ヘリテージツーリズム
 9.エスニックツーリズム
 10.スポーツツーリズム
 11.ダークツーリズム
 12.ボランティアツーリズム

第Ⅴ部 観光のアイテム・資源
 1.鉄道
 2.自動車
 3.みやげもの
 4.写真
 5.ガイドブック
 6.紀行文
 7.インターネット
 8.風景
 9.聖地
 10.リゾート
 11.国立公園
 12.世界遺産

 参考文献
 あとがき
 索引

このページのトップへ

内容説明

観光学研究はこの一冊からスタートしよう。

「観光学ってどんな学問?」「どういう視点をもって研究すべき?」そんな迷いを解決する観光学の案内書! 研究の視点と方法や、観光の歴史・最新の状況がわかる、学びの羅針盤となる一冊。

【著者紹介】

編者:
大橋昭一(おおはし・しょういち) 
1932年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。経営学博士。現在、関西大学名誉教授・大阪観光大学名誉教授・和歌山大学名誉教授。観光学原理専攻。2011年に瑞宝中綬章受章。『現代の観光とブランド』(編著、同文舘、2013年)、他。

橋本和也(はしもと・かずや)
1947年生まれ。國學院大學文学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学。博士(人間科学)。現在、京都文教大学総合社会学部教授。観光学、文化人類学専攻。『キリスト教と他界観』(人文書院、1996年)、『観光人類学の戦略』(世界思想社、1999年)、『観光開発と文化』(共編著、世界思想社、2003年)、『ディアスポラと先住民』(世界思想社、2005年)、『観光経験の人類学』(世界思想社、2011年)、他。

遠藤英樹(えんどう・ひでき) 
1963年生まれ。関西学院大学社会学部卒業、同大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。社会学修士。現在、奈良県立大学教授。観光社会学・現代文化論専攻。『ガイドブック的! 観光社会学の歩き方』(春風社、2007年)、『現代文化論』(ミネ ルヴァ書房、2011年)、『メディア文化論』(編著、ナカニシヤ出版、2013年)、他。

神田孝治(かんだ・こうじ)
1974年生まれ。三重大学人文学部卒業、大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、和歌山大学観光学部教授。専門は文化地理学、観光学。『観光の空間』・『レジャーの空間』(編著、ナカニシヤ出版、2009年)、『観光空間の生産と地理的想像力』(ナカニシヤ出版、2012年)、他。

著者:
川森博司(かわもり・ひろし)
神戸女子大学文学部教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退。民俗学・文化人類学専攻。

千住 一(せんじゅ・はじめ)
奈良県立大学地域創造学部准教授。立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程満期退学。

藤原武弘(ふじはら・たけひろ)
関西学院大学社会学部教授。広島大学大学院教育学研究科博士課程中途退学。社会心理学専攻。

井出 明(いで・あきら)
追手門学院大学経営学部准教授。京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。専門は、社会情報学、観光学。

寺本 潔(てらもと・きよし)
玉川大学教育学部教授・学部長。筑波大学大学院修了。社会科教育学専攻。

竹林浩志(たけばやし・ひろし)
和歌山大学観光学部准教授。関西大学大学院商学研究科博士課程単位取得後退学。専門は観光戦略論、経営組織論。

麻生憲一(あそう・けんいち)
奈良県立大学地域創造学部教授。大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。観光経済学専攻。

高 媛(こう・えん)
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。歴史社会学専攻。

砂本文彦(すなもと・ふみひこ)
広島国際大学准教授。豊橋技術科学大学大学院修士課程修了。建築学専攻。

高岡文章(たかおか・ふみあき) 
福岡女学院大学人文学部准教授。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。

須藤 廣(すどう・ひろし)
法政大学大学院政策創造研究科教授。日本大学大学院文学研究科後期課程社会学専攻単位取得満期退学。観光社会学、文化社会学、社会意識論専攻。

山口 誠(やまぐち・まこと)
関西大学社会学部教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。専門はメディア研究、歴史社会学。

森 正人(もり・まさと)
三重大学人文学部准教授。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。文化地理学専攻。  

堀野正人(ほりの・まさと)
奈良県立大学地域創造学部教授。横浜国立大学大学院教育学研究科修士課程修了。観光社会学専攻。

吉田道代(よしだ・みちよ)
和歌山大学観光学部教授。南オーストラリア州立フリンダース大学よりPh.D.取得。社会地理学専攻。

藤巻正己(ふじまき・まさみ)
立命館大学文学部教授。立命館大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。社会地理学専攻。

須永和博(すなが・かずひろ)
獨協大学外国語街学部准教授。立教大学大学院観光学研究科博士後期課程修了。文化人類学・観光人類学専攻。

寺岡伸悟(てらおか・しんご) 
奈良女子大学文学部准教授。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。社会学専攻。

中谷哲弥(なかたに・てつや)
奈良県立大学地域創造学部教授。甲南大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。文化人類学、南アジア地域研究専攻。

岡本 健(おかもと・たけし)
奈良県立大学地域創造学部講師。北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院観光創造専攻博士後期課程修了。専門は観光社会学、コンテンツツーリズム学、ゾンビ学。

濱田琢司(はまだ・たくじ)
南山大学人文学部日本文化学科准教授。関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。文化地理学・地域文化論専攻。

山中 弘(やまなかひろし)
筑波大学人文社会系教授。筑波大学大学院哲学思想研究科博士課程修了。宗教学・宗教社会学専攻。

鈴木涼太郎(すずき・りょうたろう)
獨協大学外国語学部准教授。立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程修了。観光研究、観光文化論専攻。

山口泰雄(やまぐち・やすお) 
神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授。カナダ・ウォータールー大学大学院博士課程修了。スポーツ社会学専攻。

近森高明(ちかもり・たかあき)
慶應義塾大学文学部准教授。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。文化社会学・都市社会学専攻。

橘 セツ(たちばな・せつ)
神戸山手大学現代社会学部教授。英国ノッティンガム大学大学院地理学部博士(Ph.D.)課程修了。人文地理学専攻。

大城直樹
(おおしろ・なおき)
明治大学文学部教授。大阪市立大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。文化地理学専攻。

西田正憲(にしだ・まさのり)
奈良県立大学地域創造学部教授。京都大学大学院修士課程修了。専門は景観論、環境文化論。

才津祐美子(さいつ・ゆみこ)
長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科准教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。民俗学、文化人類学専攻。

このページのトップへ

関連書籍

メディア文化論[第2版]

メディア文化論[第2版]

メディアと文化を考える好評教科書の改訂版

 
観光空間の生産と地理的想像力

観光空間の生産と地理的想像力

空間の変容のなかで観光のあり方を問う

著者:神田 孝治
 
 
観光の空間

観光の空間

観光という現象を読み解く初めての空間論

著者:神田 孝治 編著
 
レジャーの空間

レジャーの空間

レジャーという現象を読み解く初の空間論

著者:神田 孝治 編著
 
 
観光メディア論

観光メディア論

最新の知見から観光とメディアの未来を探る

著者:遠藤 英樹 編著
寺岡 伸悟 編著
堀野 正人 編著
 
メディア文化論

メディア文化論

文化という意味の網を読み解く最新テキスト

 
 

このページのトップへ